2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2015-12-23
 
 
 『リビングスタジオ208』は、可能性がいっぱい!?
 
 
きょうは、
きのうの続き。
リビングスタジオ208の冬至バージョン作りの話です。




「冬至の日に、柚子茶でおもてなしするには。。。」
とあれこれ考えて。。。

朝、うちから(電車、タクシーを乗り継いで)
柚子茶に使う蕎麦猪口やテーブルクロスなどを、
スーツケースいっぱいに詰めて運び込み。。。

午前中2時間ほどで、
リビングスタジオ208を和のテイストでアレンジ。



まず、座卓を作るために、
テーブルをたたみ、

ベンチを2台部屋の真ん中に寄せて、
180センチ×100センチの大きな座卓にします。

大きなベンチですが、
5センチのキャスターを付けたので、
スルスル軽々と動かすことができます。


準備中 ↑




余っていた端材を
空いた壁際床に置いて床の間風に。


置いた植物の間に銀ラメに塗装された山帰来を置いて…








ベランダに面した窓に立てかけた板が、
壁のよう。。。
実は、外したテーブルの天板。

テーブルの脚に使っていたミニテーブルは、
たたんでホワイトボードの後ろにしまい、

ホワイトボードは裏を出して、
カードをペタペタ貼って。。。




窓からの光を抑えてほの暗くして、
ろうそくの灯りが映えるように。



コルクの床は、
ざぶとんなしでも寒くなく脚もいたくありません。

床に座ると、
低い座卓の向こうに、
床の間もどきに置いた植物が目に入ります。

壁に小さなサンタクロース。
クリスマスが近いことを感じます。








「柚子茶を飲みながら、ゆっくりと1年を振り返る」という
テーマを『Ljus』さんからいただいて、

師走の慌ただしさの中で、

柚子茶を飲みつつほっこりしていただけるように、
和プラス洋の空間作りをしました。




『リビングスタジオ208』は、
まだまだいろんな使い方、空間ができそうです。

暮らしの困りごとを解決するヒントがいっぱい詰まっている
『リビングスタジオ208』が、
「狭い!古い!・・・もう限界!!」と嘆いている方の
暮らしの改善に役に立ちますように。。。




オープン前、今月始めの『リビングスタジオ208』の様子↓

 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-12-09
 
 
 床の素材をコルクにした理由
 
 
きょうは、
小さな拠点、『生活工房do♪』の床にコルクを貼った理由と、
その顛末の話です。


新たな拠点を作るとき、考えたこと。
目に見える部屋のイメージとしては、
自宅リビングの再現でした。

環境、条件が違うので、
できるだけ近づけるということ。

もう1つ。
それは、みなさんの困りごと解決のヒントになるように、
いろいろ実験をしてみよう、ということ。

『リビングスタジオ208 生活工房do♪』と、
名付けたのは、そんなことを考えてのこと。


実験の1つに、
床材をコルクにすることがありました。

自宅のキッチンは、
塩ビのクッションフロアの上に、コルクタイルを貼ってあります。
理由は、単に美観優先。
素材感が好きだったから。


ところが、長年使って感じるのは、
足元が冷えないこと。
長い時間立ち仕事をしても、
足が疲れないにくい。


そんなことがあって、新しい拠点でも
内装さんに無理を言ってコルクを貼っていただきました。





選んだのは、予算の都合などで、
本来下地材用のものを使用。

900ミリ×600ミリのシート状、厚みは3ミリのものを、
必要枚数計算。
1枚定価で1000円ほどのものを選び、
近所の工務店で、7掛けで購入。


内装さんに無理を言ったのは接着剤。

本来は、両面接着の特殊な接着剤を使うのですが、
内装さん手持ちの「白のり」を使っていただきました。

職人さんが言うには、
「白のり」をコルクに使うと
日差しなどで
接着効果が経年劣化=めくれる可能性があるとのこと。

それを無理を言って使っていただいたのは、
「白のり」が、市販の木工ボンドに近い成分だから。
みなさんが再現しやすいと思ったからです。

貼るときも、石油系のイヤなニオイはしませんでした。





↑ 貼っている途中。。。

元のフローリングにソックス履いた足をのせたところ、
コンクリートの冷たさがジンジン。。。

のりを塗る前に、
コルクとフローリングに片足ずつのせると、
その差歴然!


壁際の処理がしにくく、申し分けなかったのですが。。。

コルクを貼り進めるうちに、
職人さん、「寝っ転がりたいね」と。。。



コルクの色が手前が濃いのはオイルを試し塗りしているから




オープニングの3日間で、
たくさの方に、床に座っていただき、
コルクの床の快適さを
実感していただきました。


これからも、
見学日を設けていきます。




「寒い、足もとが冷える」
「狭い」「古い」・・・。
「片づかない」以外にも、暮らしの困りごとはいろいろあります。

コルクの床だけでなく、
リビングスタジオ208では、
暮らしの工夫がいろいろありますので、
体感しにいらしてくださいね!




【お知らせ】
日程は、ここで、お知らせします。
「プロフィールの問い合わせ」にメールをいただくと、
日程をお知らせいたします。

 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-12-02
 
 
 苦手意識はひょんなことで超えられる
 
 
きょうは、
苦手なこともやればできる、
といういう話です。



途中ながら、
今週末オープンする拠点。

ついにベンチがカタチになりました!





材料の板が届いてからも、
ほかに急いで進めることがあり、
なかなか組み立て作業に入れず。

ヤキモキしつつ日が過ぎて。。。。


オープンまで日に余裕がなくなり、
どうしよう。。。

そんなきのうのことです。


そうだ!
両面テープで仮止めして、
とりあえずカタチにすればいい!

我ながらグッドアイディア♪




カタチになってみれば、
電動ドライバーを使ってのビス留め、
ふと、やってみる気に。。。


両面テープで組み立てた状態ですから、
ひとりではひっくり返せません。

ひっくり返せない以上、
ま横からビスを差し込むしかない。

底にゲタを履かせ、
ドライバーを使うスペースを確保。


こんなこともあろうかと(ほんとかなぁ)、
自宅から持ち込んだ木箱が活躍。







完成⁉︎




とりあえず、
最小限ですが、ビス留めできました。

キャスターは、両面テープで仮付け。
ひとりでひっくり返せないから。



大活躍の木箱、実は「菊正宗」!笑。
呑むために持ち込んだ?

違います〜。
組み立てに使うためです、ほんとデス。







拠点の空間作りのイメージは、
ベンチがあることが前提でした。

なので、
2ヶ月かかって、やっとカタチになり、
感無量。。。

久しぶりに電動ドライバー使いました。
本格的?な組み立て、
実は初めてでしたが。。。

やればできる‼️


なかなか取りかかれなかったのは、
時間のせいだけじゃなかった。
苦手意識のせい。。。


「苦手意識」というのを超えるには、
とにかく動き出すこと。

やりだしてみれば、
うまくできなくても
なんとかなることが多いのかもしれません。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-11-30
 
 
 今月の振り返り
 
 
きょうは、今月を振り返る。。。といいますか、
今月は、
進行中の拠点作りに多くの時間を費やしましたから、
拠点作りを振り返りつつ、
いまの状況を報告します。


9月後半急浮上した、
小さなスペースで大きな冒険。
新たな拠点作り。




いろいろいきさつがあって、
築30年超のワンルームマンションの1室に、
我が家を模した、
居心地のいいリビングの再現に
自らトライすることに。。


いくつもの難しいことがあり、
悶々とする日が続き、

人の気持ちに助けられ、
自分を励まし、


クロスと床の張替えはプロにお願いして、
どうにかここまで来ることができました。



でも。。。
壁際に仮置きしたままのテーブル。

予定では、
壁際には、ベンチが置かれ、
その上にクッションを置いて、
ソファーになる。。。?







テーブルの反対側は、
写真に撮れない状態。笑。





そんな状況ながら、
きのう、
ドアに看板というか、表札をつけました。


いよいよです。

…と言っても途中なんですけど
『リビングスタジオ208 生活工房do♪』
始まります。








古くても汚れていても、
心地よい空間は作れる。。。

どんな家よりどんな暮らし。。。


還暦を前にして、
それを伝える機会をいただいた。。。。

そんな気持ちかなぁ。。。


暮らしの場を「つくる」「繕う」。
まだまだ続きます。






【お知らせ】
グリーンエクセル208号室を
居心地のいいリビングにすべく
試行錯誤してきましたが、ついにオープンです。
12/5(土)6(金)7(月) 14時頃〜18時頃まで、
ドアを開けております。

まだまだ途中ですが、
途中の様子も見て感じていただきたいです。


明日から、
場所の詳細をお知らせしていきます。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-11-21
 
 
 捨てられないものは捨てずに楽しく生かす
 
 
きょうは、きのうの続き。
リビングの隅っこのクッションカバーの話です。






このクッションカバー。
グリーンは、
ずっと前のとっくりセーターをフェルト化させた端っこ。

ポケットがついているのは、
プルオーバーだった名残り。
これも洗濯機&石けんガラガラ洗って
フェルト化させて切ったもの。


着古したセーター、
虫喰い穴ができてしまったセーター。。。

捨てるに捨てられない、
そういうものを、
楽しく生かす工夫。。。

それらの工夫した実物を展示して、
暮らしの工夫を提案するのが、
2008年から続ける『暮らしの工夫展』。

工夫展をするたびに、
それをきっかけに新たな工夫が生まれます。


さて。。。
これからは、
新しく作っている拠点で、
『暮らしの工夫展』が常設になるのかな⁉︎



追伸
画像のカバーは、
今年1月に行った『第4回暮らしの工夫展』に、
展示するために作りました。
そのとき、会場となったのが『シェアスペースfloat』。
floatのあるレトロなマンショングリーンエクセルで、
いま、拠点作りを進めています。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-10-29
 
 
 DIYが得意って、ほんとうですか?
 
 
きょうは、DIYにチャレンジの話です。



新拠点=新教室で使うテーブルとベンチ、
DIYで作ることになりました。






食卓でなにをしているかというと、
板の見積もり。

近所の材木屋さんで、
420㎝の板を切ってもらいます。

幅は、30㎝、50㎝と選べます。


そういうわけで、
紙の上で、出来上がりのラフを書いて、
板をどう切るか、指示書を書いているんです。




実は、13年使っている、
わが家の食卓の天板(足は違います)も、
窓際のカウンターシェルフ、
テレビ台なども、
同じ材木店で切ってもらったのです。


そのときも、板の見積もりを紙の上でしました。










でもね。。。
正直に言うと、組み立てはあんまりしたことないのです。



だから、
今回もテーブルは、板を市販のワイヤ―シェルフにのせるだけ。

ベンチは。。。どうなるかな?
組み立てる順番を紙の上でシミュレーションしなくちゃ。


木のダボでつないだらかっこはいいけれど、
ハードル高そう。。。。


まあ、なんとかなるでしょ。。。
楽しくガンバリマス(笑)。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-09-21
 
 
 久しぶりのチクチクは、テレビ見ながら・・・
 
 
5年くらい前に買った分厚いバスタオルが、
この頃ようやくいい具合の厚みというか、
薄さになって使いよいのです・・・が、

そうなってみると、
端がほつれてきて・・・、
え~?ちょうどいい具合になったと思ったのに・・・。


繕います。

着古したシャツなどをつないであったのを、
細く切って当て布に。

古ぼけた感じが使い込んだタオルとちょうどいい感じ、
と思って。




時間がないので
昼間、朝ドラの再放送を見ながらチクチク・・・。




15分では終わらず、
30分もかかってしまいましたが、
いいかげんながら、まあまあなんじゃないかと・・・。



 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-09-10
 
 
 革は伸びますね~
 
 
折り畳みができるディレクターズチェア。

20年ほど前に買いました。
買ったとき貼ってあったキャンバス地は破れて、
二代目は手持ちの布で間に合わせました。

やがてそれも破れて・・・。

何度も繕いましたが、
繕いきれなくなって、
しばらくは来客や、取材の度に隠してごまかして・・・(笑)。


6月末、ようやく張り替えました。
今度は革です。




材料の革のサイズがちょうどいいのが買えなくて、
縫って継ぎました。

座面は手縫いで、背もたれはミシンで。




張替えから2か月半。



↑ 座面も背もたれも、革がずいぶん伸びてしまいました。
遠目には見えませんけど、
座面の手縫いの縫い目も伸びてしまっています。

背もたれと座面の革質が違って、
座面のが柔らかく、その分伸びてたるみがひどいです。


実は、もう一台あります。





こちらの方が革の色はいい感じ。
こちらは座面の革が伸びて、たるんでいます。


伸びてはいますが、それでも、どちらも、
革が身体になじんで座り心地はいいです。


革は東急ハンズで買いました。
牛革ロール(40㎝×100㎝)2,096円。
椅子ひとつに2枚使って、余りがでます。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-08-10
 
 
 18年目の床の貼り直し
 
 
うちのキッチンの床は、
住み始めたとき、既存のクッションフロアの上に、
自分でコルクタイルをはって、18年目。

いろいろ不都合があって、張直し中。


今回は18年の間で、3回目の貼り直しで、
業者さんに頼んでの全面張り替えも考えたけれど、

どうしても、
古いコルクタイルを活かしたくて、
自力で張り替え、パテで目地を埋めることにチャレンジ。


6月の末に4割。
7月の末に4割。
まだ、冷蔵庫の下などが残っています。





目地材は、日が経つと痩せてくるので、
何度も隙間を埋め直し。




マスキングテープを使うのを手抜きすると、
はみ出しをふき取るのが大変。
養生の手間を惜しんではいけません。


床に顔を近づけて、手を使って、
せっせと、時間を見つけてはパテ作業。

いままで、こんなに床に触れてはきませんでした。
目にして触れること、手間を掛けることは、
床と関わること。

そうすると、どんどん床に愛着が湧いてくるのです。

しっかりとていねいに床拭き、
ワックス掛けをしたくなっています。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-07-24
 
 
 こんな暑いときに、何でするの?・・・
 
 
きょうは、
キッチンの床、
20年使ってきたコルクタイルの張り直しの
途中の話です。


6月末に半分終えて、
きのう、2回目で8割ほどできました。






いろいろ反省といいますか、
マスキングテープするのサボったら、
後処理がすんごく大変とか、

気づきがいろいろありましたが、
パテで、隙間も欠けも埋まって、
出来栄えにご機嫌な私?








それにしても、
うちのキッチン、窓ないし・・・。

こんな暑い時季にしなくてもね~。
なんでしたんでしょうね?



でもね、
作業中、いろいろ考える時間になってよかったです。
詳しいことは、後日あらためて~♪




きょうは、午後から自宅講座の日。
好い時間になりますように♪
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-07-06
 
 
 くたびれました~
 
 
長いこと使ってきたフェイスタオル、
いよいよ擦り切れてしまいました。

ぞうきんにします。
間違えないように、刺繍糸で目印をつけようかな?

洗濯したタオルをたたんでいたら、
そんな気持ちになりました。






ちくちく縫おうかと思いましたが、
ひもが目立つ方がいいな、と思って、
タオルのはじっこに針で糸を通して結んだだけに。

何色の糸がいいかな?
そんなこと考えるのも、けっこう楽しい。

それだけなんだけど。


くたびれたな・・・、
うちで一番涼しい風が通る場所に座り込んでいたら、
ここでもできることしょうかな?

と、やってみました~。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-07-04
 
 
 モップの柄が折れて・・・
 
 
やっている人はたくさんいるはずだから、
偉そうにいえることではないんだけど、
5月くらいから、毎朝、モップかけしています。


私の人生では、画期的なこと!なんです。



がんばってやっているというより、
パジャマのまま、
ボーっとうちの中をモップを持って歩いているという感じ。

そうしているうちに、
だんだんエンジンがかかって、
家具を動かし、収納の中も・・・、という具合になってきました~。


・・・で、ある日、モップの持ち手がポロリと折れたんです。





アロンアルファでくっつけて、
補強のため布テープをぐるり。

布テープは、
チノパンの丈詰めの残り切れに両面テープを貼って、
作りました。

かわいい布を考えたけど、
もっていませんでした(笑)。






10年以上前に買ったモップ。

長い間使ってきたから劣化して折れた?

違うと思います。
毎日モップを使うようになって、折れた・・・と思っています。


実は、同じときに同じモップを買った方がいます。
たぶん、今は3本目を使っているはず。


この繕いがいつまでもつか分からないけれど、
毎日のモップ掛けが続けば、
そう遠くない時期に、完全に寿命を迎えるかな?

棒とぞうきん部分の接続箇所が要ですね。



追伸
毎朝のモップ掛けすることに関心なくこの年まで生きてきました(笑)。
やってみたら、思いもしなかったよいことがたくさん~です。
その話はまた別の機会にしますね。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-07-02
 
 
 ストレスの原因を解決するよろこび
 
 
長いこと使っているモップが2本あります。


2本とも、モップのぞうきん部分(正しくは何と呼ぶ?)が、
モップにくっつかなくなって、
使うたびにぞうきんが外れて、イラ~!!

ものすごいストレス!
絶対解決する!!

要はマジックテープの凸凹のモップ本体の凸がすり減ったわけ。
ならば、洋裁用のマジックテープ凸を貼り付けましょ。


・・・というわけで、
前に、買ってはみたものの、役にたたなかったマジックテープの登場。
両面テープは、プラスティックにも効果あり!の優秀なのを使います。





1本目より2本目の方がうまく貼れました。
なんでも、はじめはうまくいかないし、
回を重ねてコツを覚えていきますね。





すごく快適になりました!
もっと早くにすればよかったです。







追伸
今朝のモップ持ってうちの中一周、ノンストレス!
実は、きのう、改善して試し使いしたとき、すんごくうれしかったんです。
今朝、モップを使いながら、きのうまでとの違いを実感。
直してよかった・・・。
きょうも好い一日に♪

 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-03-16
 
 
 蔓であそぶ
 
 
里山の手入れをしに行く人に頼んで
持ち帰ってもらった蔓です。

しなやかです。
さあ、どんな具合にまとめましょ?

 

細い蔓は2本。
それぞれくるくるっとまとめて。



さっそく、あそんでみます。

  


太い蔓は、端と端を絡めただけ。
置いてよし、壁に掛けてよし。

  

自然の造形をなるべくそのままに生かしつつ、
暮らしながら、いろいろ楽しんでいきます。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-03-03
 
 
 商品の準備はタイヘンなのです
 
 
2月22日に、「願いを込めて布しごと」の中で、
さらしのことを書きました。

ほんとうは、
ネルとか、サイズ違いとかいろいろ作るつもりでしたが、
結局、時間が足りず、33センチ角のふきんだけになりました。

さらしを手で裂いて、
水を吸いやすいようにお湯通しをして、
両サイドにチクチク。

タイマー使いながら、時間を計って、チクチク・・・。
一枚に5分かかりました。

説明書をタイプしてプリント。
袋にシールを貼って袋詰め。

商品を準備する大変さを、
実感した作業でした。


float「はこモノ」企画展 3月3日~8日まで

きのう、無事イベント会場に届けまして、
今日から、販売が始まっています。

クリエイター20人の作品、商品に紛れて、
地味にイベント参加させていただいています(笑)。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-02-22
 
 
 願いを込めて布しごと・・・
 
 
台所に晒があるととても便利です。
だしを漉したり、
野菜を包んで四隅をもって振れば水切もできます。

でも晒がどこに売っているか知らない人も多いようです。
おむつ用として薬局でも買えるようですが、

私は着物関連で買い求めました。
厚さがいろいろあるようです。



それから、ガーゼも重宝です。
これも厚さがいろいろあるようです。

コーヒーを手で淹れるので、
2年前からガーゼをフィルターとして使っているのですが、
なかなか重宝です。

実は、前に、コーヒーを淹れるのに
市販品のネルフィルターを使って、
挫折したことがありました。

よく洗わなかった(洗いにくかった)ので、
コーヒーかすがネル生地に目詰まりしてしまったのです。

そこで、今回はネルの布を洗いやすいように、
15センチ角の四角い布にしてみます。

このサイズだと、コーヒーフィルターにも、
食器洗いやお掃除にも使えます。


晒も、ネル生地も、
はさみで切ると切れ端が味気なく、
ミシンで縫うと、コーヒかすが溜まりやすいと思って、
布を裂いてみました。

晒もネルも、数回お湯洗いして、
実際にコーヒーを淹れて、
布気(たぶん薬品処理かな?)が取れたのを確認します。

布気があると、コーヒーの味が変りますから。




洗って、酸素系漂白剤で漂白。
広げてシワ取り。




手間はかかりますが、
布をもっと使って、手を使って、
台所しごとの楽しさを肌で感じてほしい、

そういう願いを込めて、
洗ったり、チクチク針仕事したりしています。

実は、少しお値段をつけて、
メッセージとともに販売にチャレンジなんです。

買っていただけるかな?
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-02-09
 
 
 道具は大事
 
 
去年、ドライバーセットを新しくしました。

10数年ぶりに買ってみたら、
とても使いよくなっているので、関心してしまいました。

ドライバーの軸の素材は炭素鋼。
むかしのはプラスの先がつぶれたりすることがありましたが、
これは、たぶんつぶれない?


兼古製作所 ANEX

黒いハンドルは、
長さと太さを補って、握りやすさを補強するのは、
むかしと変りませんが、

写真のように、
穴に差し込むとT字になって、持ちやすくて、
がんばらなくても力が入り、とても回しやすいのです。



付属のコイン状の部品は、
ヒートン(?形ネジ式フック)を回すのに都合よし。

 

コイン状の真ん中に軸を差し込むと、
ドライバーを回す時位置が定まって、
ネジ頭から、ドライバーの先が外れにくい。


さて、小さい方の穴の役目は・・・?


以前、キッチン収納の蝶番のネジ穴が緩んでずれて、
扉が何度も外れたことがありました。

何度目か外れたとき、ドリルとドライバーで、
穴を空け直して、取り付け直すことができました。


そういう作業を億劫がらずにするには、
使いよい道具が必要。

道具はどんどんよいものが出ているようですね。
ドライバーの買い替えをきっかけに、
DYI道具の機能も見直していきます。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-01-20
 
 
 いいもの作りました~♪
 
 
きのう、タブレットカバーを作った話を書きました。
今日は、作った過程の紹介です。


切れ端の布を、両面テープを使って巻いたピンが持ち手。

フェルト化させたメインのウール生地は切るだけ。
出来上がりより、大き目に切っておきます。
もう1枚の着古しの綿は、擦り切れを繕います。

   

生地を2枚中表に重ねて、
出来上がリサイズ(タブレットの横幅+厚みの倍ほど)を
チャコペンで線引き。

その5ミリ外側を切る。
両サイドの切端を巻き込むように、ジグザグミシンをかける

  

出し入れ口を切りそろえて縁を巻き込むようにジグザグミシン。

ウールを表にして、半分から折って、袋状にして
ジグザグミシンの内側を直線縫い。

できました。

 

出し入れがラクなように、
形がシンプルなように、ふたなしです。

ふたなしのおかげで、ざぶとんにもなるんです。

これ、湯たんぽカバーにもいいな~。

タブレットカバーのサイズ。
滑り出さないように、かつ、ひっくり返せるように。
大きすぎると、タブレットが滑り出しますから。
出し入れ口も、滑り出し防止で2センチ余分に。

実はなりゆきで作ったので、
・・・出来上がってみると、そうなっていました(笑)。

 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-01-19
 
 
 いいもの作りました~♪
 
 
タブレットを買い替えたら、使い勝手がすごく快適に!
・・・といっても使いこなしてはいません・・・。

快適になったけど、素材が樹脂から金属になって、
冷たいのなんの!

軽くなったせいか買ってすぐ落として、
カバーを作りたいな~、と思っていました。
買う、と思わないところが私かな~?

都合がいいことに、
暮らしの工夫展の展示物(リサイクル小物)
作らなくてはいけない!


久々の手作りタイム。
出来上がったタブレットカバーです~♪


ピンに切り端を巻いて、持ち手に。ケースもピンも、「暮らしの工夫展」で展示しました。

洗濯機でフェルト化させたコートのライナー生地と、
はき古した綿パンでリバーシブルです。

これが、なんと便利か!
コンビニのイートインで、コーヒー飲みながら、
タブレット操作。

カバーは、タブレットのおざぶとんに。

さらに、おしりが寒いな~と思って、
おしりの下に敷いて、自分のざぶとんに!
さすがにおしりには小さいが、ないとあるでは大違い!!

バス停や駅のホームのベンチとかでも活躍しそう~♪
外出先で、「もしも」の時だって、既製品のタブレットカバーより、
おしりもこころも温めてくれると思う。

なんて便利なんだろう!
ひっくり返すと、中は綿生地なので、オールシーズンOKです。

携帯電話用も作りました。
サイズを変えれば、
湯たんぽカバーにもよさそうですよ。


明日、カバーの作った過程を紹介します。


 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-01-13
 
 
 ようやく直せました
 
 
 

ホームページのトップページで活躍している人形。

片づけていたら、棚から落ちて
腕が折れてしまいました。

なかなか修繕する(大げさ~)気にならなくて、
けっこう放置されていた期間がありました。

ようやくタイミングが訪れて、
道具を取り出して、直します。

胴体に、一番細いドリルで穴をあけて、
細い枝を挿して、ボンドで止めてありましたから、
同じ方法で・・・と思ったら、
近いところに穴があけられません!



なんとか枝をボンドでつけて、ひとまず直りました!
よかったね~。

 


大きなことはもちろんですが、
こんなちいさなことも、放ってあれば気になります。

20年前の1月17日、「毎日を大切にする」と思ったのは、
こういうちいさなことを
あたりまえにやっていくということでした。

この頃、手先を使う作業の時間が
全部パソコンに向かっていて、
困ったな~、何とかしたいな、しようと思っています。

 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >> 


ページの先頭へ