2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2016-05-24
 
 
 同じお鍋、2個目を買った理由
 
 
長く使い続ける柳宗理のミルクパン。
わけあって、このたび2つ目を購入。
同じモノを再び買った理由は?







時短家事を伝える
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
暮らしはラクに楽しく♪
ていねいな暮らしを目指して
日々あれこれ工夫しています。



柳宗理のミルクパンは
15年ほど前に、
さんざん考えて買った記憶があります。

本当は分厚いアルミの
直径15センチほどの片手鍋がほしかった。


買って使ってみれば、
お湯が沸いて湯でこぼそうとすれば、
お湯がお鍋の内側の過熱された部分に
パチパチ当たって跳ねます。

それなのに、
なぜか使ってしまう。

日に何度も
15年あまり使ってきました。


柳宗理のミルクパンの持ち味を、
「アルネ」の大橋歩さんは、
「アルネ」の中でだったか、
注ぎ口のすごさを言われていました。

確かにすごいです。
独特の注ぎ口からは
液だれしないです。

それが持ち味なのですが、
不便を感じつつ長いこと使い続けて
しかも二つ目を買ったのは、

もしかしたら
持ち手の形状が
私を長く惹きつけているのではないか、
と最近思っています。




持ち手の丸っこいのが魅力。




↑ 左が新しい2台目。

ひっくり返して気がつきました。
柳宗理のミルクパンは、
どこから見ても
魅力あふれるデザインなのです。

こんなキュートなお鍋は
そうそうないかもしれません。

だから、
最初、躊躇しながらも買った。
買いたくなるデザインなのです。



そしてこの度、
スタジオで使うために
2台目を買いました。

1台目の貫禄ある方を
スタジオで使おうと思っています。

古くて新しい
スタジオのキッチンを
元気づけてくれる気がしますから。


でもね、
このお鍋は
デザインだけではないのですよ。

持ち手を
手に持った感じが
実にいいのです。

長く使い続けて
2台目も買った理由は
ここにあるのかもしれません。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-21
 
 
 10年経って見つける素敵な使いみち
 
 


買って10年。
生かせていなかったかごバッグの
使い途を発見しました!
 

 
 

時短家事を伝える
暮らしのアドバイザー土井けいこです。
暮らしはラクに楽しく♪
丁寧な暮らしを目指して
日々あれこれ工夫しています。
 
 

 

生かせていなかった
インドネシアアタのかごバッグに
植物を入れてみたんです。

とってもいい感じ♪
 
 
 
 
網目が細かくて
アタとしては
よいお値段のモノだった
と思われます。
 
10年ほど前、
仕事の気分転換に、
と理由をつけて
近所のリサイクルショップに
足しげく通いました(笑)。
 
そこで
着物のときに使おうと買ったんです。

使いました。
でも、バッグとしては使いにくく、
かごに使うべく、
持ち手をそっと外したのですが。
 
それでもいい使い途はなく
何年もあちこちに置いて、
 
いつの間にか
ふたがあるのをいいことに
掃除用のウエス入れに定着?
 
 
しかし!
ついにいい感じ~♪
の使い途を見つけました。
 
 
元気の育つフッカスプミラ。
ひょいと入れてみたらこれがいい!
  
 
 
実は、
着物のときに使わなくなった理由は
もう一つありました。
 
年配(私よりずっと年上)の殿方に言われたんです。
「魚釣りの籠か?」
 
え~~~?
使いにくかったこともあって、
それ以来外の持ち出し禁止(笑)。
 
 
 
ふたがないほうがいいのに、
とずっと思ってきましたが、

意外にふたを植物にかぶせてみたら
入れた植物の表情が
ぐ~んと増す感じがします。


 

かごの使い方を見つけた瞬間、
きょうはかなり好い日に
なった気がしました。
 
 
 
 
 
 
《追記》
新しい『暮らしはラクに楽しく』。
私も少しずつ慣れているところです。
 
よろしくお願いします。
 

 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-15
 
 
 やたら編みの籠の新たな愉しみ方
 
 
ふきんをしまう籠の買い替えの話を
前にしました

ついに無印良品ステンレスワイヤーかごを購入。
キッチンに並べてみて
迷っていた理由がはっきりしました(苦笑)。

ステンレスワイヤーかごが並んだ景色が物足りない。

ふきんが入っているやたら編みのかごの感じが
好きだったんです。

迷うのには必ず理由があるんですね。

それでも実際に
並べてみないとわからないこともあり、
案外いい「いい」という場合もあります。

まあ、それで思い切って実行したんですけど〜。




ステンレスワイヤーかごがキッチンになじむまで
写真は待ってくださいませ。




さて、
空いたかごはどうする?

ふと、窓辺にどうかな?
と思い置いてみました。









食卓の座った位置から
ズームで撮ってみました。




パッとしない写真。ちらりと写っているのが新しいカメラ。




籠に高さがないのでかごの手前に影ができませんよ。
いいかも?

あり合わせで3種類の植物を入れてみました。


かごの持ち手を入れずのサイズは
27センチ×20センチ×11センチ。

かごの周りのものを整理して、
窓辺の景色になじませてみようかと考え中。

植物は何がいいだろうか?


そして・・・、
まだ2つある残りのかごの使い道も考えてみます。

そうなんです。
キッチンの棚で3つ並んでいる景色が好きだったんです。


でも洗えないかごはふきんの収納には向かないから
仕方がないな~、
と18年も使って今頃思っています(笑)。



やたら編みのかごの新たな愉しみ方を見つけます~。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-08
 
 
 容器の重さに気づくとき
 
 
今日は、
予定を変えて容器の重さのことを書きます。


…というのも、
好きで買って、
20年も使ってきた
ガラスの容器の重さを感じた瞬間があったから。









四角い容器の重さは846g。







長年のお気に入りに疑問を持つきっかけを作った
丸い容器は382グラム。



容量の違いはさておき、
容器の重さだけで、
すごい違い。

おまけに容量が四角い方があったから、
目いっぱい入れたら、その重さの違いは?


なんだかね…、
そういう重さが気になる年頃になったんですね~(笑)。



容器のすごい重さの違いに気づいて、
さらにいろいろな気づきがありました。

四角と丸では持ちやすさの違いが。

まあ、手のひらでつかみやすいのは
四角より丸なんですが、

丸より四角の方がかっこいいと思って、
いやいまもそう思っていますけど、

「四角が好き!」という感覚に押されて、

重さだけでなく持ちにくさも、
感じなかったんですね~。



ちなみに、
丸い容器チャーミークリアは
本体のガラスの厚みの違いだけでなく、

ふたが樹脂製なので、
より軽いんですね。



きのう予告していた
スタジオのクローゼットの
収納後の話と写真はまた明日。






《追記》

明日は、リビングスタジオ208で、
『小さなお店の困りごと解決サロン』です。

明日リニューアルオープン予定の
この『暮らしはラクに楽しく』。
さて、どうなりますか。。。

明日の夜になっても変わっていなければ、
ワタクシの力不足。。。

デザイナーさんの作業は着実に進んでいるんですけど(苦笑)。



《お知らせ》

『暮らしの困りごと解決サロン@カフェかまねこ』
5月11日(水)10時半~13時半

お問い合わせ、ご予約は、
申し込みボタンからお願いします。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-05
 
 
 片方だけのイヤリング その1
 
 
私はイヤリングが好きです。

きょうは、
失くしたイヤリングの片方が再現され
本来のイヤリングとしてよみがえるいきさつの前編です。




片方だけのイヤリングコレクション(笑)を記念撮影。



カメラのピントがイヤリングじゃなくて布に(苦笑)


淡水パールがポイントのを買ったのはいつだったかな?
たぶん21年前、1994年の晩秋か初冬?
阪神・淡路大震災の前、神戸に住んでいたころかな?


水晶のは7年ほど前?
買ったその日に片方落として割ってしまった・・・
悲しい記憶が鮮明に蘇る。。。


左上の輪のイヤリングは、
10年位前、
失くしたことに気が付いたときのショックをいまも覚えています。

とてもとても好きで、
失くしてからずっと
シンプルな形ですからどこかで出会わないかと、
ショップの店頭で探す気持ちでした。

でもなかなか出逢わず。。。





先月半ば、
ふと、あの人=作り手さんに訊いてみようと思い立ち連絡。

話はトントンと進み、
その日のうちにサンプル=片方のイヤリングを送ることに。

私が取り置いた想いも届いたようで、
ていねいに見ていただいて、何度もやり取りを重ねました。

もしかしたら失くした片方を
再現してもらえるかもしれない。。。

そう思ってワクワクしていた
…その数時間後、熊本で大きな地震が。。。


連絡のやりとりが止まって、

わたしはそれどころではなくなり、
落ち着かない日を過ごしていました。


4月が終わろうとするころ
連絡すると
なんと!すでに片方制作完了!!

ペアになってるらしく、
数日後に引き渡していただけることになりました。





先月は、
収納家具やスタジオのプチリフォームなど、
専門家の力を借りる機会が何度かありました。


そのとき感じたのが、
依頼する側の気持ちを汲んでくれるかどうかです。

汲み取ってくれる方とは、
できあがった喜びを共有できます。

うれしさを共有して、
私の喜びも何倍も何倍も膨らむんです。



その反対も経験したからなおのこと、
片方のイヤリングの再現はうれしかったのでした。




(明日に続く…)


 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-04-24
 
 
 いいもの見つけた♪~空きびんがいらなくなった!?
 
 
きょうは、
とても使いよい容器を使い始めた話です。


キッチンで洗い物やそうじのとき欠かせないものを、
シンク扉の中にしまってあります。

いい具合に引き出せる収納(スリムストレージ)なのですが、
問題は容器。

ちょうどいい高さや容量の空きびんが見つからず、
仮使い中。


左小さなグレーのクレンザー容器はWECK



容量だけでなく、
ワンタッチでサッと開けられるふたのがいい。

それで、
クレンザーペーストはWECKのガラスぶたを使っているけど、
密閉できないので、乾いてしまう。



不都合解決のいいもの見つけました!


チャーミークリアL3 胴径84/高さ115/容420 ¥500税別 ふたは樹脂




新商品というわけではなく、
ずっと前から知っていながら、
いままで買うことはありませんでした。


さっそく使ってみると、
関心してしまうくらい使いやすいです。






ふたが、ひょいと開くのは、
ねじ切りっていうのか、重なりが1センチほどだから。

手をけがしたり、
指先に力が入らなかったとしても大丈夫とおもうくらい、
軽いタッチでふたが空きます。

これはシニア向け?
誰にでも使いやすいユニバーサルデザインです。



黄色いラベルがクエン酸。右の大きいのは消費ペースが早い酸素系漂白剤。



引き出しトレイに、いい具合に収まりました。


左の手前は粉のクレンザー





この容器の使いやすさがわかって、
空きびんの取り置き条件がかなり絞られそうです。


ずっと前から知っていたのに、
どうして買わなかったかったかな?



今回は、
不便を感じていたから、この容器に目が留まったのかな?

不便のリストアップは大事ですね。



 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-04-23
 
 
 「便利」というより「ないと困る」小さな道具
 
 
きょうは、
きのうの
ナイロンたわしの穴あけの話の続き。

小さいけれどとても優秀な
うちには必需品の小さな道具を紹介します。


きのう、
ナイロンたわしの穴あけに使ったのはこれ。(↓)





持ちやすくて力もいらない、
とにかく使いやすい。

プラスチックにもスルスルっと穴があけられるんです。


小さなごみ箱をキッチンシンク下扉内側に引っ掛け収納をするのに穴あけ。現在は別の用途に。


スターエム「木ねじトリオ」。

調べてみたら、
グッドデザイン賞受賞でした。

しかも名前の通り、ひとつで3つの働きなんです。





ヒートンを木などにねじ込んむとき、
硬い木だとねじ込めなて指が痛くなる。

けれど、これがあると下穴があけられるから、
ヒートンがラクにねじ込めるんです。
さらに、プラスドライバーとしても使えて、

使いやすくて、いつの間にかないと困る存在に。







わずか10センチほどのかっこいい道具。

これに出会ったのは偶然。
たぶん、ホームセンター。


繰り返します。
すごくいい働きです。(笑)


これのおかげで
きのうのナイロンたわしの引っ掛け収納ができました。





追記
この道具の話、以前にも書いた気がします。
でもいま新鮮によい道具だな~と思っているんです。
2回目の方、ごめんなさい。

 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-04-19
 
 
 鉄のフライパンの役目
 
 
きょうは、
鉄のフライパンがなぜいいのか、
の話です。


鉄のフライパンを使うと、
素材が美味しくなるんです。
テフロンなどの樹脂加工では得られない美味しさです。




15年くらい前に、
この鉄のフライパンを買いました。↓



↑  鉄の割に見た目ほど重くない「魔法のフライパン」。
24センチ。843グラム。


なにしろ形に一目惚れ。
道具は吟味して買うもの?
いや、けっこうデザインからかなぁ?


その証拠に
こんなにいいフライパンがあるのに、

これを買ったすぐあとに、
樹脂加工のフライパン、
デザインに惹かれて買い、鉄のフライパン、使われずでした。



樹脂加工のは、樹脂加工が剥がれると変に焦げつき、
やがて処分に。


一見扱いやすいテフロンなどの加工品は消耗品。
それだけじゃないです、。
素材が美味しく焼けないです。






↑ お酒入れてジュッっと。




こんなふうに素材に焼き色がつくのは
鉄のフライパンだから。

混ぜないで焼く感じです。




ネギも美味しく焼けます。
合わせてお醤油かけて出来上がり。





使用後、たわし使ってお湯で洗って、空焚きするだけ。
手入れも簡単。


いまの私は、消耗品で焼き色がつかない樹脂加工より、
鉄のフライパンがいいなあ〜。




鉄のフライパンの役目は、
素材が美味しくなること。
その意味では、特に「魔法」のじゃなくてもいいのです。


鉄のフライパンで焼くと美味しさが違います。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-04-13
 
 
 これからを快適に過ごすために
 
 
どうしてか、私はいろいろなことが決められない。
愚図なのかな?

いまのままでもなんとか使えているのに…って思うと、
不都合を我慢してしまって、
買い替えなど、なかなか決められないことがあるんです。



そんな私が決めました。

積年の課題だったリビングの収納家具の扉の取替え、
ようやく材料見積もり依頼完了。



↑ 一見古く見えない?1990年に買ったリビング壁際の収納家具。
歪んでる?
歪んでいるわけではなくて(笑)、写真が斜めに。





既存の愛着あるものを活かしながら、
不便解消、かつ気分も一新!




扉の付け替え、
いったい何年決められないで来ただろうか。

そうだ!還暦記念。



そういえばいまの住まいに入居5年たったときも、
不都合を解決するためにいろいろ改善したのでした。

なにか節目をきっかけにして不都合の改善をするって、
いいですね。

これから(のシニア期)を、
快適に過ごすための買い替えや改善です。



さて。。。
決められない私って、愚図?
機が熟すのに
時間が必要だった、ってことかなぁ?
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-04-11
 
 
 ステンレスのキッチン道具と触れ合うひととき
 
 
きょうは、
キッチンのステンレス素材の道具を手入れする話です。




けさ、コーヒーカップの汚れに気がついて、
ついでに食器洗い用のあみたわしの汚れを漂白する気になり、
玉突きで、ステンレスのあれこれも漂白。



コーヒーのお湯を沸かすついでに
お鍋でもお湯を沸かします。

バットを出して調理道具などを入れて、
湧いたお湯をかけて、
その上から酸素系漂白剤を振り入れると白く泡立つのですが、
その様子は何度見ても気持ちがいい。

きれいになっているんだな~
とつい見とれてしまうのです。



流した漂白液は排水管を掃除する役目も果たしてくれるから一石二鳥


冷めるまで放っておくのですが、
コーヒー淹れて飲んでいる間に冷めるので、
ちょうどいい。



冷めるころには汚れが浮いていますから
あみたわしを使って軽く洗いを兼ねてすすぎ。

ふだんの洗いではとれていなかったこびりつきがあれば
それもラクに取れます。




ステンレスのいろいろに水滴がついています。
こういう途中の様子がうれしい。
ここでもまた見とれてしまう(笑)。










左手に半分に折った布巾を載せて、
カトラリなどを5本ほどまとめて布巾の間にはさんで、

指のはらで1本ずつ水滴をふき取りながら
調理台に敷いたもう1枚の布巾の上に右手で置いていきます。


磨くわけでもないし、
特別丁寧というわけでもないんだけど、

道具類を目で確かめ手で触れていると
ひとつひとつ買った場所とか思い出すから不思議。



ステンレスの道具。
ひょんなきっかけで久しぶりにお手入れ。

けさ、
思いがけずものと触れ合うよいひとときを過ごせました。










《講座のお知らせ》

『暮らしの困りごと解決サロン』
3時間の前半は、暮らしの困りごとを解決するヒントをたっぷりお伝えします。
後半は、ご自身で解決策を見つける時間です。
特に後半のワークタイムが好評です。

・楽しくて、安心、アッという間の時間
・とにかく意識が変わるんです
・家事はやるものだと思っていたけど、楽しめるものなんですね

そんな声をたくさんいただいています。


4/13(水)10時半~13時半・・・3名募集●
4/17(日)10時~13時・・・3名募集★ 日程追加になりました!
4/23日(土)11時~14時・・・4名募集●

参加費・・・3,500円
(資料代350円、小冊子「居心地のいいキッチンご持参の方は不要)


場所・・・★印 北大阪急行緑地公園駅下車徒歩5分

      ●印 阪急・JR宝塚駅下車徒歩5分


お問い合わせ、お申し込みは、
ページ右側上の申し込みボタンからお願いします。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < > >> 


ページの先頭へ