2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2014-05-24
 
 
 『荷造り』というくくりの引き出し
 
 
《荷造り》という《くくり》の引き出しがあります。

 

その引き出しには、
紐類とガムテープがしまってあります。

紐は、資源回収に出す新聞紙などをまとめるのに使います。
そこで、考えました。
紐を必要なだけ切るのに、はさみも一緒に入れた方がいいかな?

《荷造り》のくくりに、はさみも入るかな?
入れてみましたが・・・???



はさみは荷造り以外にも使うので、
いまのところ、はさみは引出しの上に出して、
ペンなどと一緒に立てて置くことにしました。

この引き出しは、
宅配便を出すときに必要なガムテープも入っていますが、
送り状は、引き出しの外に。

送り状は《荷造りのくくり》だから、
引出しに一緒がいいのかな?
どっちがわかりやすくて、使いやすいかな?

試しに、送り状を、引出しの中と今までの場所、
両方に分けて置いてみました。


引出しの表示は中身=アイテムより役目=作業で

こうして、くくりについてあらためて考えると、
《荷造り》という作業にも、

紐でくくって資源回収に出すのと、
ガムテープで閉じて送り状を書いて宅配便を出すのと、
二つの違う作業が入っていることがわかりました。

この先、引き出しを小さくする必要が出て来た時は、
引出しの中身を、二つに分けることもできそうです。


引出しの場所は、
荷造りをする場所=玄関の近くです。

どこで何をするのか、普段していること=作業を追跡すると、
しまい場所はどこがいいのかわかってきます。

作業と関連付けてモノのくくりを考えると、
そこにしまうものも見えてきます。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 > >> 


ページの先頭へ