2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2014-05-25
 
 
 ラクにできなかったので改善しました
 
 
仕事部屋の出入口すぐの事務コーナー。
棚は、幅78㎝、奥行き40㎝、高さ74センチ。

二年前まで、
ここには、いまの倍の奥行きの収納棚があって、
棚の上には、保存の書類と未開封の郵便物がたまって
大変なことになっていました。


正面はマグネットボード。紛失防止に書類をマグネットで仮止めできる。

この場所に《ちょこっと事務コーナー》を新設して、
微調整を繰り返し、使いやすくなって、
問題はどんどん解決へ向かってきています。


作業で使う、細々した事務用品は《出して置く》しまい方。
作業に関心、注意が向かうには、
作業に必要なものが目に入ることはかなり大事なポイント。

まず、郵便を開封する時使うはさみは、
さっと手に取りやすく。
かつ、使ったままにならぬよう戻しやすい位置に、
黒い缶にボールペンなどと一緒に立てて置くことにしました。
(5月24日の話)

住所消しスタンプ(下の写真/ミニ引き出しの上)もあり、
振り返えれば資源回収箱もゴミ箱もあるので、
郵便物開封作業は、ここで立ったままできます。

黒い缶のペン立ての横のミニ引き出しには
切手、速達スタンプとスタンプ台、ハンコと朱肉、
糊も封筒も傍にありますから、
急ぐ返信は開封したその場で、処理できます。

電卓もスタンバイ、傍には出納帳もあるので、
小さな折り畳み椅子を持って来れば、
ここでカンタンな出納事務作業もできます。


事務小物の置き方も改善が進んでいます

事務作業がどうして滞るのか、メモをしながら考えました。

どこでできるとラクにはかどるか、
何をどうしまうと、ひとつ一つの事務がラクにできるのか、
作業とつなげて、しまい場所、しまい方を考えました。

作業のしやすさを考えてのことだったのですが、、
結果的に、メインのデスクと別に作業場所を作ったことが、
未開封郵便や、返信郵便書類などが、
『仕事』に紛れないための工夫となりました。

こんな工夫のいろいろ・・・、『できる』人には必要ないこと?
いや、『できる人』は問題が起こる前に、
始めからそうしているのでは?



お知らせ
【暮らしがラクになる片づけ術】(アメブロ)5月7日から新連載スタート。
5月19日(月)から、
問題(困りごと)から解決策を見つける具体的な方法が
掲載されています。


 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 > >> 


ページの先頭へ