2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2014-05-29
 
 
 カンタンおいしい♪~中華風あんかけ
 
 


仕事の合間に作るお昼ごはんだから、「賄い料理」です。
わたしが登板!する日は、おかずがおいしくなります(笑)。


エビをお酒と塩で揉みこんで、片栗粉も揉みこんで、下ゆで。
そういうポイントは押さえます。

材料は、青梗菜と白菜とエビ。
スープをあんでとじて、中華風あんかけに。

テキトーに作ったら、あんのとろみがゆるくて、失敗?
それでも、中華だしと塩麹と岩塩とお酒の味で、
おいしくできました~、と自画自賛です。

ごま油で香りづけすれば、中華丼に。
焼きそばでもよかったかな?
具をいろいろいれたら八宝菜になりますね~。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2014-05-29
 
 
 ソータンホンを作ってくれた人
 
 
久しぶりに『ソータンホン』を作りました。



千切りにした野菜、しいたけを炒めて、
戻した緑豆春雨をたっぷりのスープで煮るフィリピン料理。

どこがフィリピン料理かというと、
フィリピンの魚醤(パティス)を使うところ。
嘘!
久しぶりで、魚醤があったのに使うの忘れて、
醤油と塩を使いました。だから、日本食かな?

いや、何度も何度も作るうちに、
とっくに本場とは違う料理になっているかもしれませんが・・・。


『ソータンホン』は、
30年くらい前、友人(フィリピン人)に作ってもらった料理。

この料理のいいところは、
材料さえ切り揃えて準備しておけば、後は炒めてスープで煮るだけ、
とカンタンなこと。

それでいて、野菜がたっぷり食べられて、
ごはんのおかずにも、ビールにも合います。
場合によっては焼きそばのように、主食にもなります。
だから、うちでは大勢人が来た時の定番メニュー。

宴会で使わなかった春雨の期限が切れてしまったので、
久しぶりに作りました。
材料の切り方が雑かな?

友人のは、もっと雑だったかな?
料理とかあんまりしない人だったから(笑)・・・。
でも、おいしくて、何度もリクエストしたな~。

20年前の年末、会いに行こうとおもって、
フィリピンに電話をかけたら、お姉さんが出て・・・。

わたし=「ププンタ アコ サ フィリピン!」というと、
お姉さん=「妹はサンチアゴ(アメリカ)に行った・・・」といい、
わたしのフィリピン行は実現せず・・・。

そのひと月後、阪神淡路大震災が起こって、
そのままに・・・。


ソータンホンを久しぶりに作って、彼女を思い出しました。
元気でいるかな?

25年くらい前にマニラで会ったのが最後。
その時、彼女は連れてきた職場の友人に、
わたしたちのことを「姉妹みたいな仲」と紹介していました。

わたしと彼女は、ひとまわりも離れていたけれど、
妙に気が合いました。
彼女がお姉さんなのに、無邪気なところが魅力・・・。
だけど肝心なところでは、やっぱり大人だったな~。


久しぶりにソータンホンを作って食べて、
彼女に会いたくなりました。

料理が彼女とわたしをつないでくれています。
70歳?!わたしも60歳が近くなりました!

彼女は、
私に、初めて国籍を超えるつながりを実感させてくれた人!!

わたしが覚えたタガログ語はイロイロ・・・。

ププンタ アコ サ フィリピン!(フィリピンに行く)。
アコ シ ケイコ!(私はけいこ)・・・。
そして、
サラマッ ポ(ありがとう)・・・。

しばらく遠のいていた記憶が蘇りました。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 > >> 


ページの先頭へ