2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2013-03-01
 
 
 眺めてみれば・・・
 
 


緑色の三本足の器は、形と色が好きで18年前に買いました。
うっかりお箸を添えると、傾きます。
それで、ろうそく置きに使ったりして・・・。

ポットは、フィリピンからのおみやげ。
見たときは、ヘンな色、と思ったのですが。

買った人は「これは石を彫って作ったらしい」と
大真面目にいいました。
お店の人が「ストーン」といったから。
え~~!?(思わず、石を削っている職人の姿を妄想)

ストーンウエア=炻器っていうらしいけど・・・。
その話は、おいといて、
他の4つは、リサイクルショップで別々のときに出会いました。

左奥四角のは底にDenmark と彫ってあって、
ちいさな四角はU.K.。これもストーンウエア。
真ん中のは裏にENGLANDと彫ってあります。

黒い小さな足つきは醤油挿しの受け皿です。
本体は一輪挿しでつかっています。


自分で買ったり、おみやげだったり。
誰かが手放したモノをわたしが引き継いだのものだったり・・・。
集めてみると、似た色合いです。

作られた国は、日本とフィリピンとデンマークとイギリス。
おもしろいな~。

いつの間にか、いくつかの国のものが集まっていました。
デンマークもイギリスもいつか行ってみたいな~。

あ~、そんな気持ちもちらっとあるような・・・。

いつも目にしているモノもあらためて眺めると、
気づくことがあります。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-03-02
 
 
 ステレオが気まぐれ
 
 


ステレオが故障気味です。
途中からしか、音が出ないのです。

いつからか、始めにプレイボタンを押しても音が出なくなって、
そのままにしておくと、
途中から突然音楽が鳴り出すので、びっくりしつつ・・・。

電気屋さんにお願いしたら、解決するとはおもうけど、
(ま~、いいか)と、毎回、びっくりしながら、途中から聞きます。

最後まで聞いて、もう一回プレイボタンを押すと、
すんなり始めから音がでますから。(ま~、いいか)と。

このステレオは、使い始めて18年経ちました。
先日気が付きました。

阪神淡路大震災の後、暮らしの立て直しにあたって、
買いましたから、18年です。

実は、海外用なので、変圧器も一緒に買って使っています。
海外に行くつもりで買ったわけではありません。

なんで、買ったかな~?
たぶん、大きさがちょうどよかった(コンパクトだった)から?
いまだったら、黒いのは買わないですね。

そうやって、なんとなく買って使い出して、なんとなく、18年です。


昨日、この話を人にしました。
「気まぐれなステレオ(笑)」といわれ、
「そうそうそうなの(笑)」と、わたし。

今朝、(どうせ、音は鳴らないだろう・・・)とおもいつつ、
スイッチをいれたら、はじめから音がなりました。

昨日の話、聞こえたのかな?

『Solo Monk』が流れています。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2013-03-03
 
 
 手放し先を探す
 
 
とても好きなプランター。
(これ、どこかで使ってもらえないかな?)

  

素焼きの鉢を減らす作業を進めていますが、
特に好きなものは、
次の人、場所を探すことに時間がかかります。

それに、細くて長くて、深さがないので、
合う植物が限られて、実用的ではありませんから、
声を掛けるにしても、むずかしいです。

(あそこは?)(あの家は?)
声をかける先を、いろいろ考えています。

なかなか手放し先は見つかりません。
そういう時は、無理をしてもしょうがない。

時々、こうしてガラス窓越しに、プランターを眺めて、
タイミングが訪れるのを待つことにします。
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2013-03-03
 
 
 雛人形
 
 
  


この土鈴のお内裏様とお雛様。
2年くらい前に、我が家に仲間入り。

リサイクルショップで。
土鈴は汚れやすいですが、とてもきれいな状態でした。

手持ちの赤い布を、毛せんの代わりに敷いてみました。
なんだか、収まりよく、居心地よさそうに見えてきました。

しまって置いたのを、
二月の中旬くらいから、出して、楽しんできました。
明日には片づけます。

わけあって、お内裏様とお雛様、どなたかが手放されたものと、
出会わないかな?とずっとおもっています。 

この土鈴も、もちろん雛人形で、どなたかが手放されたものです。
でも、求めているのは、50年以上前の自分が生まれた頃のもの。
いつか、出会わないかな~。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-03-03
 
 
 18年前の3月3日
 
 
 

この人形、大きく見えるかもしれませんが、
実は、人形の高さはわずか3センチほどです。

小さな人形は、我が家にやってきて19年。

当時親しくしていた、ショップのスタッフの方が、
はじめて、自分で仕入れたものだといっていました。

たぶん、買う時、その話を聞いた気がします。
お店でその方とおしゃべりするのが楽しかったです。

その方は、阪神淡路大震災で被災して、
住まいを求めて奈良に行かれたと聞きました。

わたしも新しい街で暮らすことになりました。
一人だけこの町に知り合いがいて、
いま、この町で暮らしてるのは、その人が住んでいたからです。

18年前の3月3日、わたしは、新しい街で、
その人に、ひと駅先の地元のおいしい魚屋さんを教えてもらって、
そこでハマグリを買いました。

その日が、新たな住まいでの初めての食卓だったと、
記憶しています。

こんな小さな人形が、あの地震も超えて、
もう、19回も桃の節句を迎えているんですね。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2013-03-04
 
 
 新しい季節へ
 
 
2月の後半から、家の中をすこしづつ春に向けて、整えてきました。
まず、冬の間眺めてきた額を、
新しい季節、目にしたいものに替える準備。

額の収納場所は、食卓のそば。
出して置くスペースの下の扉の中

アクリルの額はねじ止め。
挟んだ作品を入れ替えることもありますから
額の収納場所に、ドライバーも置いてあります。

アクリルの額は裏と表、別のものを入れて、
ネジ止めでリバーシブル?使いもします。

額の中を替えたり、額の支えの足の向きを替えながら、
冬の間の額をしまったり、春の額を出したりします。

新しい季節に合わせて、どうするか、
入れ替えた額を壁に並べて、すこし離れて観ます。
書=『花』は、リビングの『出して置く』スペースへ。

 
 
 

ピンクの額は、ほんとうは、食卓のそばで見たいのですが、
なんだか、ピンクのがあると版画のアートと合わない気がしてきて。

置き場所を探して、結局別の場所に置きました。
毎年、春になるとピンクの額を、ここに置いてきましたから、
それを外すのは、なんとも落ち着きませんでした。

だけど、外してみたら、別のバランスがあることに気が付きました。

置いて観て、出して置くモノ、置き方、位置をまた変えます。

これは、
アンバランスのバランスを見つける作業でもあります。
新しい季節を迎える準備は、
なじんだものを見直す機会でもあります。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-03-05
 
 
 これさえあれば
 
 


玉ねぎ炒めて、冷凍の剣先いかを入れて炒めて、
だししょうゆと、甜麺醤、豆板醤で味付けしました。

にんじんも入れたらよかった。
にらもいれたらいいね。
オイスターソースを使ってもよかったかな?



これは、生協さんが届けてくれた、
JFぜんぎょれん八戸食品の冷凍剣先いか。

調味料を替えれば、和はもちろん、中華もイタリアンもOK。
いか好きなので、時間と気力がない時も、
これがあれば、わたしは料理を頑張れます(笑)。

だから、冷凍庫に常備です。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-03-05
 
 
 春の陽射し
 
 
2月の最後の週、
赤い編み物の額とスノーマン君が、窓辺から、
扉の中にしまわれました。

外は、雪がちらつく日が続いていましたが、
次の冬まで、扉の中で待っていただきます。

  
冬の間の窓辺



代わりに、窓辺に置かれたのが、
きれいな色の缶。

美しい色の缶には、紅茶が入っていました。
イギリスのおみやげ。
『QUEEN’S DIAMOND JUBILEE』。

我が家にはない色です。
(黄味がかったターコイズブルー?に赤、ピンク、黄色・・・)。
紅茶を楽しむ間もキッチンに出して置いて眺めて楽しんでいました。

(どこか、この缶が似合う場所はないだろうか・・・)。
でも、我が家のどこにも、
せっかくの缶の美しい色が映える場所は見つからなかったのでした。


それが、二月の終わり、(もしかしたら)、とおもって、
アイビーを挿して窓辺に置いてみたところ、
いい感じに調和してくれました。

陽射しが春に近づくにつれて、
窓辺に似合うモノ、色が変っていました。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-03-06
 
 
 つながりました!
 
 

 
このかごは、おそらく文箱として作られたのでしょう。

近所のリサイクルショップに、ふらりと出かけたとき、
なんとなく買いました。

少し、角などが壊れかかっていますが、まだまだ使えます。
いい味を出している、とおもいました。

しかし、何を入れるか、使い途は、いっこうに見つからず、
クローゼットの中で、くすぶっていました。

それが、ひょんなことでひらめきました!

ほかの場所に置いてあった植物をかごにあしらって、観る。
アイビーを入れたかごを家具の上に置く。※
ふたは斜めにかぶせます。

  

お、お~、なんと!
あっち(グリーンが収納の上あったらいいな)と、
こっち(かごを活かしたい)がつながりました!

ひらめいた瞬間はわくわく~!!
ふたはふたとして、なかなかいい具合。
モノの居場所が見つかる。役目を持つ。

些細なことではあるけれど、
いい感じに収まってみれば、しみじみうれしいです。


使い途を決めずに、なんとなく買うって、
うっかりすると、モノのガラクタ化を招きます。
だけど、ひらめきのきっかけを作ってくれるから、やめられません。


※かごの落下防止と、植物の水がこぼれない対策をしました。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2013-03-07
 
 
 捨てなくてよかった~
 
 
壊れたフロアライトは、
スタンドだけなんとなく取り置きました。

壊れたアームと壊れていなかったライトは
長いこと使ったのだから、
と、納得して処分できたのに、何で、残したのかな?

何に使ったらいいのか、2年くらい考えていました。

ふと、ひらめいたのです。
スタンドにクリップライトをかませたら、いいんじゃない?!
元の姿より、これの方がいいくらいです!

(ムフフ~)ひとりニンマリ~。
捨てなくてよかったな~。

  
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 > >> 


ページの先頭へ