2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2013-04-01
 
 
 食器の水切りかご
 
 



20年使い続ける水切りカゴ。
前の前の住まいのシンクにはぴったりの形でした。
いまの住まいのシンクには、形が合いません。
それで、シンクサイドに置いて使っていました。



シンクが直角だったら半端な空きがなくなっていいのにな。
シンクの形は変えられないので、
水切りかごをシンクに合わせる?

実は、
シンクに合う水切りカゴを買って使ってみたことがあります。
雑誌の撮影で貸出したら、なにかの行き違いで戻ってこなくて、
しまってあった「これ」に戻りました。

伸縮タイプの「あれ」は、なんとなく好きになれなかったかな?
「これ」はシンクにフィットしないし、掃除もしにくい。
それでも使い続けています。

なぜでしょう?
たぶん、コンパクト(幅18センチ)で、
まっすぐすっきりとしたかたちが好きなのでしょう。

たぶん、デメリットより、『好き』が勝っているのでしょう。
なんとなく好きになれなかったり、なんとなく好きだったり。
「なんとなく」はけっこう大事。

水切り籠をハンギングしてから、
シンク横に空きができたせいか、
食器をすぐふきんで拭くようになり、
かごの中にものをためなくなりました。

空いたカゴを見ていると、
シンプルないいデザインだとあらためて感じます。
モノが入ったままだと感じません。


 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2013-04-01
 
 
 花畑?
 
 


冬、アイビーの間からひょろひょろ細長い葉が伸びていました。

あちこち、土を替えているうちに、
アイビーの中に球根が紛れ込んでいました。
春になって、ムスカリが顔をだしました。

花にらは暖かく日が射すと元気いっぱい咲きます。
寒かったり陽射しがない日は閉じ加減です。
今日は満開です。



ベランダですから、鉢植えや、ハンギングなのですが、
そこだけ見ると、
花畑に、思えなくもない、かな?
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-04-02
 
 
 目にして気づくこと
 
 

かごは日本の古い巾着を買って布を外したものです


食卓からよく見える場所に、置いてみたら、
なかなか楽しい景色が生まれました。

土物の器が好きと思っていたけど、磁器も持っていて、
実は、金属も好きなのでした。

いつも目にすることで、
(へ~・・・)と気づくことがあります。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-04-03
 
 
 くねくねまっすぐ
 
 
駅から、そのお店に行くには、
地元の人しかわからないような細い道をくねくね行きます。
人がぎりぎりすれ違えるくらい細い道です。

三回目だけど、独りははじめてだから、
道を尋ねます。
「あ、その店はこの先まっすぐだよ(ニコニコ)」

う~ん、まっすぐか・・・。
くねくねした道を道なりに進むのですね。
道が合ってるのがわかったから、くねくねを不安なくすすめます。

くねくね道は、少し先も見えないので、
進むのが不安なのでした。うん、人はそういうものですよ。

くねくねを進むと、
お店の前の椅子に座っていた『おじさん』(スミマセン)が
『おかえり~』と声を掛けてくれました。

うれしくて、
なんて、こたえていいのかわからず、口ごもっていたら、
わたしの後ろに小学生がいました。笑ってごまかす?わたし。

いつも通る知ってる子に声をかけるのかもしれないけど、
お店の前の細い道を通る人、みんなに
声を掛けている感じがしました。

いい町だな~。
そう思っていたら、目の前に花屋さんが現れました。
チューリップが目に入りました。

「黄色とピンク5本づつください。」
数えたら、少し残りました。
なんだか、うれしくて、気前よく(笑)「全部ください!」

ピンクはおみやげ。黄色は自分に。

チューリップをもって、くねくね・・・。
無事にたどり着きました。


 我が家の窓辺で



 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2013-04-04
 
 
 はじめてのカルボナーラ
 
 
たまたま見た番組で、
カルボナーラを作っていました。

お店で、パルメザンチーズが25%引きだったので買いました。
そうだ、つくってみようと、ベーコンも買いました。

  

お湯を沸かしながらベーコンを切って、
パスタを茹でる横で、炒めます。

弱火でそのままにして、ソースを作ります。
卵(黄身)を溶いてパルメザンチーズを入れます。
固いので茹で汁を少しづつ加えてゆるめます。

茹でたパスタをベーコンを炒めたお鍋に加えて
ベーコンと油をさっとからめて火を止めて、
ソースを加えて和えます。

  

余熱加減OK。挽きこしょうをふって、できました!

はじめて作りました。
はじめて食べたかもしれません。

生クリーム?使いませんでした。
塩気は、茹で汁、チーズで十分。旨みはベーコンと卵の黄身。
予想通り味は濃厚でした。

食わず嫌い?作らず嫌い?
ものすごく簡単でした。
テレビがきっかけでした。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-04-05
 
 
 器の欠け
 
 
   
額賀彰夫さんのそば猪口と小皿

好きなお蕎麦屋さんの器は土モノ。
大きな欠けも、使いこんで滑らかになって、
そば猪口の口が曲線を描き、いい感じになっています。

土モノの器は、
欠けも味わい。使いこめば自分だけの意匠?になります。

我が家も、口や手があたってもいいように
欠けは紙やすりで滑らかにして使い続けます。

欠けたときは、哀しいのですが、
使い込むうちに、欠けた姿もすきになります。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2013-04-06
 
 
 実がなるかな?
 
 
 おとといのグミの木

今年もベランダのグミの木に蕾がたくさんつきました。

 去年のグミの実

去年は一粒、実がなりました。
もったいなくて?食べませんでした。

ある朝、実がなくなってなっていました。
鳥に食べられてしまったみたいでした。

今年は実がなるかな?
実がなってほしいな~。

それでね、
あのひと、このひと・・・、それぞれに実がなりますように。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-04-06
 
 
 春の嵐が・・・
 
 



今朝、グミの木を見ると、
かわいらしい花が咲き始めていました。

昨日の陽気で蕾が一気にほころびました。

だけど、今日から明日にかけて春の嵐の予報。
風に飛ばされませんように。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-04-07
 
 
 残したいのはどっち?~二種類のお皿
 
 
  

楕円のお皿が二種類。

好きなのは、焦げ茶色の方。
でも、使っているのは、線入りの方。

18年前に買った当時は両方使っていました。

でも、いつの間にか焦げ茶色は使わなくなって、
食器を整理するたびに、
手放し候補になりつつも、残してきました。

好きな器だから、ペン入れに使ってみましたが・・・。
なんだか定着しませんでした。

去年、食器を整理した時、
あらためて、二つを並べてみました。

おんなじようなサイズ。
好きだから、焦げ茶を残して、使っている方を手放そうか・・・。

それで、
なんとなく、重さを量ってみました。

30グラムも違っていました。
焦げ茶色のは、わたしの手には重かったのでした。

線入りを使い続ける理由がわかりましたから、
すんなり、線入りを残すのが決まりました。

残すのがわかると、
あとはラク楽、どうするか決まります。
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2013-04-07
 
 
 コーヒーフィルター
 
 
ペーパーフィルターをきらして、
料理に使っていたガーゼをたたんで仮使い。

これが、と~ってもいい具合なのです。
何がって、ふんわりコーヒーの粉が膨らむんです。
ほら、こんなに。



コーヒーがおいしくはいります。
キッチンペーパーを代用した時は、
味が紙ぽいとクレームがありました。

それで、ガーゼをコーヒーフィルターに採用、正式決定!
長方形だったガーゼをほつれにくいように手で裂いて、
使いやすく正方形にしました。

使う時は、濡らして絞って四つにたたみます。
濡らさないと、コーヒーがガーゼから滴り落ちますから。
はい、失敗しました。

前に、ネルの布を使ったときは、使った後洗いにくくて頓挫。
ガーゼは洗いやすくて、
どんどんコーヒー色に染まっていくのも楽しいです。


追伸
グミの花は、強風の中頑張ってくれています。
強風の中で弱々しく咲いています。


 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013年04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 > >> 


ページの先頭へ