2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2013-06-01
 
 
 おそうじ~トイレブラシのそうじ
 
 
企業に勤務していた頃から、おそうじの講座をしてきました。
二十数年になります。
その中で、印象的な質問がありました。


「トイレのブラシって、どのくらいで買い替えますか?」

「え???買い替える???」

話を聞いてみると、
トイレのブラシは、使っているうちに汚れてくる。
(ふむふむ、そうです)
汚れてきたら気持ちよくない。
(ふむふむ、そうです)
それで、新しいのを買う。
(え~~~~!)
で、どのくらい汚れたら買い替えるのか、そのタイミングがわからない。
(・・・・・・・・)


我が家のトイレブラシとその管理?を紹介します。

ブラシに汚れが見えたら、
ポット(陶器)ごとお風呂場に持って行って、
ポットにブラシを入れたまま、
お湯(50度くらい=やけどに注意)を入れ、
酸素系漂白剤を振り掛けます。

しゅわ~~~っと泡だって、あふれます。
そのまま1~2時間放置。
ブラシについていた汚れが浮いていますから、すすいで、水切します。
ブラシの浮き上がり防止に置いたお掃除クロスも
陶器のポットも同時にきれいにできました。

  

 
これを繰り返し、このブラシもう何年使い続けているかな?
だいぶ、毛糸はへたってきているから、そろそろ買い替え時?
あ、我が家のトイレブラシは、ポリエステル毛糸タイプです。

と、いうことで、
「トイレブラシは、使い捨てではありません」
定期的に、というか、汚れたら汚れを取ります。
そうすると、ブラシはきれいになって、きもちよく使い続けられます。

これが、質問の答えです。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-06-01
 
 
 ワンダーランド
 
 
梅雨入り・・・。
朝、目が覚めると前日からの雨が上がっていました。
森に行きたい・・・とおもいました。

森に行ったら、鳥の声が響きわたっていました。
5月の川べりには、鳥たちがだ~れもいなくて、
退屈なウオーキングだったけど、
それは、みんな森にいたからなのですね。

だけど、鳥の声は聞こえても姿は見えず・・・。
鳥たちは間違いなく木々の中にいる。
なのに、わたしの目にはただうっそうとした森が見えるだけ。

わたしの目が木々を見ることに慣れていないのです。
鳥たちもわたしに慣れるには、
同じような時間にいつも行かないと・・・。

『星の王子様』のキツネがそういっていましたから。

また来よう、とおもいました。


帰り途・・・、
(なんだか、リサイクルショップと似ている)
静かに、ていねいに見ているうちに目が慣れてくる・・・。
何度も足を運んで、気がつくとその場の空気に慣れている・・・。
そのうち、ひょっこり、目の前に出会いが・・・・?

出会った瞬間のわくわく感。

わたしにとっては、森もリサイクルショップも、
どちらもワンダーランド?
そうだ、元気になるワンダーランドだ。

 

森からの帰り道、もみじが瑞々しかったです。
梅雨時のもみじを見て、わたしのこころにもうるおいが・・・・?




 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-06-01
 
 
 グミが色づいてきました
 
 


5月25日に見つけたグミの実。
今朝、色づいていました。

室内から実が見えるように鉢の向きを変えました。
そうすると、
鳥からも見えやすい。

去年は、真っ赤に実って、
どうしようか・・・、迷っていたら、鳥に先取りされてしまいました。
なんで、わかるんでしょうね。
食べごろが。

ニンゲン(わたし)は、そういう感覚、うといですね。

ことしこそ・・・。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-06-02
 
 
 カンタン♪おいしい~白菜をおいしく
 
 
送ってくれた野菜おいしいです。

白菜を千切りにして、
ポン酢で和風サラダもおいいしいね。

お酒を振りかけ、ふたをして蒸し煮。
お醤油とみりんで炊いて・・・
ホタテの水煮缶、あさりの水煮缶を加えてもおいしいね。



なにかひと品足したいな、と思う時、
白菜と缶詰は、とても便利な一品です。

豚肉とシーフードミックスを足して、
ごま油を加えてあんかけにすれば、
中華丼にもなるので、
白菜のさっと煮は多めに作ってもいいな~。

豚肉と生姜をお酒と塩で炊くのは、
冬でなくてもおいしいね。

白菜を刻んで生のまま冷凍しておけば、
火の通りが早くて、急いでいる時大助かりです。
お味噌汁の具にもいいね。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2013-06-02
 
 
 本日のグミの実
 
 


昨日はまだ、まるごと赤くはなかったです。
今朝は、もう、こんなに。
木の実なんだけど、(かわいいな~)♪


毛虫がつくことで有名な?グミの木。

我が家でも、一年目はすごかったです。
でも、二年目からは毛虫はなぜかつきません。

薬は使っていません。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-06-02
 
 
 あの街とエフスタイル
 
 
2011年5月の始め、東北に行きました。

仙台空港に着きました。
スッタフの方たちが、横断幕を手にして、迎えてくれました。
吹き抜けの華やかだった仙台空港ビルが板張りでした。

名取の街中を歩きました。

それから、復旧したばかりの新幹線でひとに会うため
福島県へ。

その街でよいお店と出会いました。

ひとつは、ガラス戸を全部開け放ったカフェ
どうしようもない不安を抱えていたでしょうに、
「ようやくよい気候になってきたんですから、開け放したいです・・・」
素敵な店長さんが、わたしたちの話相手をしてくれました。

良いお天気の日でした。

オリジナルのスイーツをつくっていて、
若い女性たちがよく働いていました。


もう一つは、ギャラリー&セレクトショップ。
そこで、出会ったのが、『エフスタイル』のガーゼソックス。

あれから、エフスタイルの商品を扱っているお店を地元で探して、
リピーターになっています。

今回は、生成り色のガーゼソックスと
スリッパを買いました。

  

エフスタイルの商品を買うたび、
あの街が浮かびます。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2013-06-03
 
 
 オリーブの花
 
 
ベランダにオリーブの木が3鉢あります。
そのうちのひとつが満開に近づいています。



オリーブは蕾が2~3ミリほど。
近づかないと、気付かないほど控えめです。

 カイガラムシがついて元気がない方の蕾


何年か前、4~50粒実ったことがあります。
いろいろ環境が整ったとき、実がなるのですね。
今年はどうかな?
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-06-04
 
 
 玄関の椅子
 
 
玄関に置く椅子がほしいと、ずっと考えていました。
それで、この椅子は、玄関に置くつもりで購入しました。

  

だけど、
我が家の狭い玄関の空間に置いてみると
なんだか窮屈そう。
この椅子は、広い空間に似合うのでした。

これは実際に置いてみないとわからないことでした・・・。

ほかにもいろいろ都合があって、
あれやこれや考えつつ、いろいろな場所に置いてみました。

最近、おもうところあって、
当初の予定どうり玄関に置いてみました。
そして、花を挿した銀の茶筒を置きました。




ものは考えようです。
狭い空間だから、椅子の背もたれが
玄関のドアを開けると、すぐ目にはいることでしょう。
そして、ちいさな花も見ていただけるでしょう。


実は、ゲストが靴を履くときの腰掛けとして椅子を探していました。
来客のために、さっと手に取りやすいのが条件のひとつでした。
それで、背もたれに手が届きやすいかな?と思ったのでした。

腰かけた時の安定感、姿の美しさ、スペースとのバランス、
予算、そして、狭い玄関ゆえ安全への配慮も必要で、
いろいろ、なかなか悩ましい・・・のです。

ともかく、しばらくは、この椅子で、
ちいさなウエルカムスペースを、
楽しんでみます。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-06-04
 
 
 昨日のグミの実
 
 
鳥に見つけられるのは、時間の問題のようです。


 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-06-05
 
 
 雑誌の切り抜き
 
 
わたしの雑誌の切り抜きの管理、すごくラフです。

雑誌を繰り返し手に取るうち、
なぜか何度も繰り返し見るページ=写真があり、
繰り返し見るうち、何かのタイミングで、
その場でページごと切り取って、
それをざっくり仕分けられたホルダーに挟むだけ。


カッターなどもそばに

はさみ続けていると、
かごの中がギュウギュウになります。
そうなったら、選別をかけます。

その選別をくぐりぬけてきたものが
かごの中には詰まっています。

気がつけば、
二十数年の間にわたしのアンテナにひっかかった、
すごく雑多なものが集積しています。

そして新しいものが加わっていきます。

続く・・・
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 5 > >> 


ページの先頭へ