2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2013-09-01
 
 
 管理の目で観る
 
 


ここは、台所シンクの上。

水道の上だから、水を入れて使う鍋や、
水を張ったり水を流したりして使う、
ざるやボウルを置いています。

あ、でも、そういう話ではなくて、
今日は、扉を開けて見ていたら気づいたことの話です。

行平鍋は毎日使うから、
手が届きやすい下の段に置いています。

バットはたくさんの下ごしらえをするときや
ふきなど山菜の下ごしらえに重宝していますが、
使用頻度は高くはないのです。

それで、行平鍋を手が届きやすい位置に優先したわけですが、
ふと思いました。

重たいステンレスのバッド(しかも重ねてさらに重たい)は、
下の方が取り出しやすいでしょ?

行平鍋はアルミだから、軽いでしょ?
上でもいいのでは?


使う時は、取り出すその物に焦点が合っていて、
意識は取り出す動作にあると思われるので、
こういうことは、ふだんは気がつきにくいです。


そういうこともあって、
時々、扉や引き出しをゆっくりとしたきもちで、
開けて観ます。

しまう時、そういう目で見ることもあります。
出すときより、きもちにゆとりがありますから。

これは、管理の目です。
管理の目でみると、気づくことがあります。

使用頻度だけでなく、
物の重さで、しまい場所を考えなおすと、
もっとモノが活用できるようになるかもしれません。

バットを下に置けば、
手に取りやすくなって、
バットの使用頻度がアップするかもしれません。

ということは、モノが活用されないのは、
置き場所、置き方が手に取りやすいように
考えられていなからかもしれません。

ちなみに、ひっくり返して置いてあるのは、
手に取りやすいように、と考えてのことです。

さっそく、アルミ鍋とバットの置き場所を
入れ替えます。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-09-02
 
 
 期限切れの理由
 
 
昨日、
キッチン収納のシンク上の吊戸棚の中のことを書きました。

そうなんです。
時々、『この場所でいいのか』『この置き方でいいのか』
と、あらためて観る、と(あれ?)っと気づくことがあるのです。

それで、冷蔵庫の中を、あらためて管理の目で観たのです。
日付が目に入りました!

なんと!!カマンベールチーズが二個とも
期限が過ぎているではありませんか!!



春頃から、カマンベールチーズを焼いて食べるのが、
マイブーム。
とろりとろけておいしいです。

それで、7月、来客に出そうとおもって、
期限が近づいているストックがあるのに、
もう一つ買ったわけです。

ところが、来客時に、ワインを飲んだにもかかわらず、
何か、ワインに合うものをと、
冷凍庫からおつまみを出したにもかかわらず
(なんと冷凍してあった青かびチーズはしっかり記憶されていた!)

用意してあったカマンベールは、思い出さなかったのです。
そのあとも、
冷蔵庫の中で目にして、(あら、忘れた・・・)で終わっていました。

いつも目にしていましたから、
埋もれていたわけではありません。

冷蔵庫の目の高さに置いてあったのです。

原因は、動きのないモノを手に取って、
日付を点検していなかったからです。

だから、来客時にも、まったく思い浮かばなかった・・・。

見てはいても手に取っていなかったから、
期限に気づかず。
何といいますか、意識にひっかかっていなかったのです。

つまり、管理していなかった!
見ていても、管理していないと、期限には気づかないのです。

埋もれていなくたって、期限切れになってしまう。
まして、埋もれていたら・・・。


実は、期限切れに気づいた=点検のきっかけになったのは、

このホームページの
『暮らしがラクになる片付け術』の記事です。

ワタクシ、管理の意識はあります!
でも、手に取って点検=管理の実行をしなければ、
不良在庫は、このように生まれます!!


期限は切れたけど、
カマンベールチーズは、食べます。
まだ、間に合いますから!?

7月8月、とても忙しかったのです・・・、と言い訳?しつつ・・・。
とりあえず、ひと月前に期限切れたのから(笑)食べます。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-09-03
 
 
 人に会いに行く
 
 
先月末。
猛暑と仕事でくたびれきっていましたが、予定通り東京へ。
さらに北海道へ大移動。

北海道から東京へ戻るとき、
機内のシートに座った途端、爆睡してしまって、
北の大地を見逃してしまいました。

あ~、残念。わざわざ窓側の席をとったのに・・・。



バスの窓から見た、『ザ・北海道』。
外の風はさわやか、気温23度。



一方、ビルの19階から見た東京です。
外は気温37度。
皇居の向こうのビルがかげろうでぼやけるように見えます。


北海道と東京に滞在したのですが、
用事と仕事でしたから、
考えてみれば、景色は窓から見ただけ・・・。

だけど、人と過ごした時間がしみじみ蘇ります。

わたしがどこかに出かけるのは、
人に会いたいからだな~、とあらためて気づきます。


そういえば、
向こうであった人から、『バングデシュに一緒に行こう』と誘われました。
思いがけないお誘い・・・、
こころの隅に、バングラ再訪の種を置いたかも?しれません。

そうだ、いろいろな人に会う中で、著書の購読者にも会いました。
「その本買いました!読みやすくて、片付けられるようになりましたよ~」
と言ってくれました。


また、あの人、この人に会いに行けるといいな。
心の中に、おもいをふあわっと置いて、
ふたたび、日常を・・・・、がんばんじょ~!
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2013-09-04
 
 
 森の中?
 
 


久しぶりに森に出かけました?!

うそです~、うちの窓際、ベランダです。
鉢植えのグミの木が生い茂っているのです。


今朝は、まっすぐ強い雨でした。昨日も。
ここ数日天候が荒れています。

竜巻で大きな被害が出て、大変なことになっています。

怪我をした人、家がめちゃくちゃになってしまった人・・・。
怖いおもいをしたこととおもいます。

その後始末もとてもとても大変です。

どんなおもいでいるか・・・。
そう思ってしまいます。


ドラマのこととはいえ、
『あまちゃん』で、3.11が再現されて・・・、

ここ数日、なんだかこころざわつくわたしです。


それでね、
我が家のグミの木なんですけど、窓際に置くと部屋が暗くなります。
(写真では白く見えますけど)雨雲で覆われているようで・・・・。

でも、強い風が、いつ吹くかわからないから、
風の通り道を避けて、窓際に寄せているのです。

おかげで、森の中にいるようです。


安全を考えれば、
べランダに大きな木を置くこと自体が間違っているのかもしれない、
これを書きながら、そんなことも思っています。

でもでも、とにかく、まずは、
少しでも、小さなことでも、できることをすること。

自然現象は防げないけれど、
被害を小さくすることはできる・・・かもしれない。

あきらめにならないで、めんどうがらないで、
できることをする方向に気持ちを向けたい・・・、
そう思っています。

完璧な安全を求めるとできることもできなくなってしまいます。
とにかく、できることをやってみる・・・。
すると、気持ちが落ち着きます。


書き始めた時は、グミの木のことを書こうと思っていたのですが、
やっぱり、こんな話を書いてしまいました。
しようがないですね。

次は、たのしい話を書きますよ~。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-09-04
 
 
 がんばれ・・・
 
 
オリーブの実。
先月、「今年はふたつぶを見守ります・・・」と書いたのですが、

先月末のこと。
(あれ?違う場所に実がなってる~)
そこで、よ~くよく、張り巡らされた枝を点検してみると・・・・、

うれしいな♪
全部で6粒実っていました。

そんな中でも、特につややかな大粒の実をご紹介です!!

 
撮影 9月3日 雨の合間に



今日は、午後から風を伴って横なぐりの雨です。

強い風雨の中、飛ばされずにいます。
がんばれ!!
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-09-05
 
 
 期限切れの理由その2~積極的に使う仕掛けを
 
 
このホームページのトップ画面右=『暮らしがラクになる片づけ術』で、
乾物の点検の様子が掲載

刺激され、わたしも点検してみました。




こうじ、昆布大袋・小袋、小麦粉(強力粉)、お茶。
食品庫の前に並べて、記念撮影。

これ、何でしょう?
答えは、正味期限が切れた食品ストック!!

それにしても、
なぜ、こうも期限切れがあるのか。

いろいろ思い当たることがあります。

まず、乾物は在庫の点検をする回数が少ない。

その点、ストック収納棚の乾物の下にある、
調味料やすぐ食べられる缶詰などは、
しょっちゅう点検しています。

しょっちゅう消費するから、
しょっちゅう買い足す・・・、
買い足す前に点検している。「あれ、あったかな?」と。

つまり、回転しているかどうかが、カギかな?

  

それから、
左の乾物、一応、全部見えるように、
埋もれないように入れてはありますが、

どうみても、麩と赤い袋(紅茶)以外は、どの袋に何が入っているか、
ピン!とはきません。

その点、びん、缶類は、見える=わかるになっています。

わかりました。
そもそも乾物類は回転が遅い上に、
中身がわかりにくいしまい方になっていました。

対策が必要です。
わかるようにすることで、消費を促すことになるでしょうか?

今一度、客観的に考えてみると、
調味料も、たまに興味で買ったものは、
在庫のまま日が経ち、やがて期限が切れます。

だからと言って、確実な物しか買わない、というのも、
楽しくないし、世界が狭まります。

まず、形状別管理でもなく、アイテム別管理でもなく、
買ってもなかなか消費しない食品を、
『積極的に食べる』ための仕掛けが必要なのではないかと。

さあ、それを具体的にどうするか・・・・・。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-09-06
 
 
 森の始まり
 
 
秋の気配に誘われて、
ベランダに出て植物を見るひとときが増えてきました。



空いた植木鉢から、芽が出ています。
細い茎をたどると根元にどんぐりがあります。
わかりますか?

ちなみに、その横のクリーム色のまるいのは、
球根です。



こちらは、
どんぐりが割れて芽が出て、というか根が出て、
土に根が入り込んでいます。見えますか?

掘り起こして、茎を持ち上げてみたら、
こんなに根が出ていました。
移植するそうです。




あちこち、どんぐりが芽吹いています。
どうするのでしょう?

森が豊かになるのは、
リスがせっせとどんぐりを大切にしまって、
しまい忘れた?どんぐりが芽吹くからだ、と聞いたことがあります。

うちにも、リスがいる?
うちのリスは、去年の秋、山から持ち帰ったどんぐりを、
ベランダの鉢、あちこちに置いて(隠して?)いたようです。

5年後、おそらくベランダの改修があり、すべての植物を撤去しなければなりません。
その前に引っ越しをする可能性だってゼロではありません。
世話をするのも負担になって来ています。

だから植物は減らさないといけないのです。
いや、まず増やしていけないのです。

でも・・・、小さな、森の始まりを見ていると、こころがふわっとします。
(困った)と、おもいつつ、育つのが楽しみなわたしです。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2013-09-07
 
 
 対策を取りました!
 
 
2~3日前、乾物、粉などの点検をして、期限切れが発覚。
そのあと、
期限切れ対策を考えました。

期限切れが発生する原因は、
いくつも複雑に絡んでいる(とうほどでもない?)ので、

問題を整理します。
まず、何があるのかわかるようになっていなかったことがあげられます。
この対策を考えます。

見える=わかるようにしたほうがいい。
見えない=わからないから、そうなったのですから。

わかるようにする。

具体的には・・・、考えて・・・容器にしまうことに。
逆転の発想!?
容器ごと取り出すのはラクで、
蓋を開けるたびに中身が見えるようになる?

ポイントは、『見える』=『わかる』。
だから、容器に入れる時も、見えるように。
蓋がない方がいいかな?

この容器には=『期限切れ予備群』ボックスと名付けました。
このネーミング、意識によい効果がありそうです。

よって、よく消費する、干ししいたけは
未開封ですが、即使うのでキッチンの開封済みコーナーに置きました。

しまいながらいろいろ気づきます。

   




下の箱=四角い枠の中は、
昆布、紅茶、さとう・・・
つまり『確実に消費、回転しているもの』の置き場所と意識しました。

いままでは、漠然と乾物、粉類を分けて入れていましたから、
同時に(期限とくくり)二つの対策をとったことになったかもしれません。

こうしてみると、前の状態は、わかりにくいかったですね。

見えるようには入れていたけど、
わかるように管理はしていなかったですね。

今度は、期限がわかるように、メモも貼りました。


期限切れが発生するメカニズム?の解明を今後も続けていきます!

肝心なことは、
ひとつでもいいから、問題を見つけて対策を実行すること!!

そして、そのアイデアが自分に合っているかどうか、
意識して様子を見続けること、です。

しかし、
食べ物を粗末にしたのに、
なんだかえらそうなこと言ってますね~、わたし。


本日掲載のアメブロ『暮らしがラクになる片付け術』
食品の管理について、
たくさんえらそうなこと(片付けの考え方のポイント)書きましたので、

そちらもよろしくお願いします。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-09-08
 
 
 温度差!をキャッチして・・・
 
 
きもちの温度差の話ではありません。
気温の話です。

猛暑から一気に秋風です。
8月の末、先週の金曜日は37度でした。



今日の気温です。
この温度差は何でしょ?


さて、原稿を書いていると、
いいのか悪いのか、わからくなることがあって、
そういう時は、書いた原稿を少しねかせた方がいいようです。


ねかせる時間を使って、ちょこっと衣類の入れ替えです。

そうはいっても、いつ猛暑がぶり返すかもしれず・・・。

とりあえず、
涼しくて着心地がよかった真夏用のTシャツ(カットソー?)のうち、
まだくたびれていなくて
来シーズンも着たいと思う数枚を箱にしまいます。

代わりに、箱にしまってあった、
五分袖、七分袖、薄手の長袖Tシャツを引き出しに出します。

箱を開けたついでに、
この秋着ないかな?と感じたものも外してまとめて置きます。
手放し候補です。

  

季節の変わり目を風や空気(気温、湿度)に感じた時が
入れ替えのタイミング。

早すぎるくらいがちょうどいい。
季節に追いかけられると片付けがバタバタしてしまいますから。

隙間の時間を見つけて、少しづつ入れ替えです。
でも単純な入れ替えをしないこと。

『出す』『しまう』を交代する時は、
『残す』『手放す』の振り分けのタイミングです。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2013-09-09
 
 
 カンタンおいしい♪~菊菜サラダ
 
 


郵便局の帰りにスーパーに立ち寄ってみました。
わらかそうな春菊(菊菜)がありました。

晩ごはんのひと品として、サラダにしましょ。

ドレッシングは、
オリーブオイルとポン酢、岩塩と挽きこしょう。
たぶん、おいしいはず。

ポン酢は、うちでは甘めの長崎産のを使っているので、
ポン酢の量を控えて、
岩塩をきつめに振って味を整えます。


ドレシングのお味はどうかな?
なめてみたら想像通りおいしいです。

ただし・・・、食べ続けると・・・、濃すぎました、残念。
水切りをした春菊をボウルであえたあと、
ボウルの底に残ったドレッシングをかけたのがよくなかった。

もったいない、とおもってかけてしまいました。

葉っぱを一枚、味見をしたとき、少し薄いかな?とおもったのです。

「塩としょうゆの加減は一口目で決めない」。
箸を運ぶうちに、おいしく感じるくらいが「ちょうどいい塩梅」。
そう教わったのを忘れていました。

正直、ごはんのおかずにはなりませんが、
春菊の個性が生きていてました。
今度はドレシングの量を控えめにして作ります。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 > >> 


ページの先頭へ