2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2014-04-01
 
 
 自然を染めるゆるゆるとした時間
 
 
『自然を染める会』に一年ぶりに参加しました。

素材は、「そよご」と聞いて、そよご・・・?、草かな?
行ってみたら、木の葉でした。



まず、染液づくりです。
そよごの葉をコトコト煮出して、黄色い色が出たら捨てます。
二番液(二回目)を煮出すと再び黄色。

そして、黄色をとり除いた三番液になると、赤い色が出るのです。
黄色を二回煮出したことで赤い色が出てくるって、
何とも不思議です。


次第に赤く色が出てきます

さあ、染めます。
煮出した赤い液に、
水洗いしたシルクのストールをつけてコトコト煮ます・・・。

次は媒染です。
媒染剤は鉄とミョウバン。
鉄は焦げ茶を目指して、ミョウバンはピンクを目指して。

・・・、しかし、煮出してもおもうような色が出なかったり、
染めてみたらイメージ色と違う色になったり・・・。
これがまた、自然を染める不思議なおもしろさ?


正確には焦げ茶を目指した染液(左)は
前日先生が煮出したもので
少し茶色がかっていた
染液もその時の条件などによって違いがでる…


媒染して洗ったのをもう一度、染液に漬けて煮て、
よい頃合いで、引き上げてすすいで、干します。

時間をかけて染液を煮出して、
染液で煮て、媒染して、染液で再び煮て、
三時間以上かけて染めあがりました。


左/縞のは鉄媒染でわたしらしい色に?少し紫がかったチャコールグレイ 
右/ミョウバン媒染でオレンジっぽい染め上がりはほかの参加者の完成品


そよごの木は、調べてみると小さな白い花が咲くそうです。
白い花が咲くそよごのどこから
赤い色が出てくるのでしょう・・・。
不思議、不思議。


自然を染めることは、地道な準備が必要で、
よい色を出すにも根気が必要ですから、
たぶん、わたしは独りではできないこと。

事前の準備をして指導してくれる人がいて、
一緒にする人がいて、だからできることかな?

いつもとは違う人たちと一緒に、
自然の不思議に触れて、
ゆるゆるとした時間を過ごしました。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2014-04-02
 
 
 脇役の花・・・
 
 

版画/内木場映子


この花、花屋さんが作る花かごでは、
脇役になることが多いのかな?

こんな小さな花は、
道端の野草(雑草じゃないんですって)のようでもあり、
小さな花が集まって、色を作るのもいいな・・・。

なまえはなんていうのかな?
今度、お花屋さんで見かけたら訊いてみよう。


 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2014-04-03
 
 
 野鳥とカメラ
 
 
ガラス窓の外、ベランダの手すりに鳥が止まりました。

びっくりです。
野鳥の来訪に遭遇するのは、
常連のイソヒヨドリ以外(ハトは別として)は、初めてです。

急いで、でもそ~っと、カメラに手をのばして。
数秒・・・、こちらを見ている・・・・。
その間に撮影成功!


室内の人間を見るように小首をかしげて

向きを90度変えて、
愛らしい小走り『ぱたぱたランニング?』で、手すりの隅まで行って、
弧を描いて飛んでいってしまいました。
10秒か20秒・・・の出来事でした。


撮/三日前の夕方 室内から野鳥がに素早くぱたぱた小走りする姿を楽しめた

野鳥が飛び去ったあと・・・、
(わ~!!ハクセキレイ?セグロセキレイ?どっち?)

図鑑を調べたら、目のところに黒い線(下眼線というらしい)があって、
ハクセキレイらしいことがわかりました。


その後、『ものしり博士』が、
下眼線の下=ほおが白いから、ハクセキレイと教えてくれました。
夕方の鳥の撮影はISO感度を上げるといいとも教わりました。

ガッテン!!とはいえ、
実は、自宅で、野鳥の撮影をするのはむずかしい。
何しろ突然現れるのです。

だからカメラの設定を合わせるヒマがない。
そして・・・、写真を撮るのに気が行って、観察ができない~(笑)

だけど、撮影に成功すれば、
ゆっくり調べることができて、それも楽しい。


きのうの朝も、ベランダの手すりのほぼ同じ位置に
ほんの数秒ながら止まって、飛んでいきました。

出逢ったのは、偶然かな?
二回続けてきたのも偶然かな?
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2014-04-04
 
 
 使ってからだで憶えてこそ
 
 
ソーラーラジオ。
これを選んだのは、非常持ち出し用に、
小さいのが都合がよかったから、と前にも話しました。

非常用に買ったのですが、
ふだんに使っている話も前にしました。

買って来て、すぐにしまわずに、
まずは、存在を目から記憶しておこうと、
目に入る窓際にラジオを置き充電。


斜めにしているのは陽射しをキャッチして充電するため

それで、いつも充電中のラジオを目にしているうちに、
非常用に保管するにしても、
使い方には慣れておきたい、と、使ってみることになった次第。
で、意外にも日常使いに定着したわけです。


『無印良品ソーラーラジオ』
名刺サイズはじゃまにならないのがいい
側面の小さな凸がスイッチだけど…わかりにくく押しにくく残念

サイズ優先で買ったのだから仕方がないとはいえ、
初めて使おうとしたとき、
ボタンなどがわかりにくかったです。

取説が苦手な私が、イザ、となってから読むなんて、
ムリだな~、と、取説読みながら思ったのでした。

だいたい混乱の中、取説見つかるかどうか・・・。
取説はラジオのそばが置き場所ですが、
やっぱり、取説なくても勘で使えるのがありがたいな。

それでも、使っているうちに慣れてきました。
余裕のあるふだんから取説読んで使って、使い方をからだで憶えて、
存在もからだに沁みこませます。

これは、非常用品全部に言えること。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2014-04-05
 
 
 こんなに育っています!
 
 
定点観測のグミ
こんなに育っています。


 今朝のグミ

 3月27日

今年は、蕾をつけるのが去年より遅くて、
待ち遠しかった、グミの蕾。

数日前から蕾がぽつぽつ・・・。

昨日の、冷たくて強い風にも耐えて散ることもなく、
今朝、蕾は昨日より増えていました。

周辺の桜が満開になって散りそうなとき、
ベランダのグミの木に蕾が一気にどんどん増えています。

花も咲き始めています。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2014-04-05
 
 
 気を取り直して・・・
 
 


木の向こうに見える手すり。
その手すりを、ハクセキレイが小走りで、
なんと、端から端まで往復しました!!
 
カ、カ、カメラ~!
カメラは少し離れたところにありました。
目で姿を追いながら、カメラを取りに行きます。

気持ちは急いでいるんだけど、
鳥を驚かせないように動きはゆっくりと。

カメラの設定・・・。
焦る~、「落ち着け!!」(ほんとにそう言い聞かせました)

カメラを構えて、ピントを合わせているうちに、
あ~~~あ、行っちゃった~。

 
気を取り直して、グミの木を撮りました。
ようやっと開花しました。


 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2014-04-06
 
 
 豚が立った!!
 
 


高さ2センチ余りのびんの中に入っている
金色の小さいものは、豚です。

びんの中で転がっていたちっこい金色の豚が、
びんを動かした拍子に、ぴょんと立ちました。

この瓶を振って、豚が一回で立つと、
ものすごくラッキー…だそうです。

ひっくり返った豚を立たせるのは、
むちゃくちゃむずかしい。
必死に振っても全然立たない・・・。

そういう時は、運がない時、なんですけど、ね。


文房具を買う時(そう、文房具店で売ってました)、
びんを振って、豚が立つ?おもしろい、とおもって、
小さな意志を持って買いました。

金の豚って、縁起がいいので知られている・・・、
それは知らなかったんですけど。

たまに、ひょいと振ってみます。
「おっ、ついてるね!」
「あ~あ、何回やってもダメだ・・・。」

アソビ、ムダ・・・、いいね♪
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2014-04-07
 
 
 韓国ねぎ!!
 
 
韓国ねぎをいただきました!




コチュジャンが切れていたので、
味付けは、甜麺醤と豆板醤としょうゆとお砂糖少し。
韓国ねぎですから、ごま油も使いました。

韓国ねぎは、歯ごたえがあります!
茹でて酢味噌をかけても、歯ごたえがいい感じ!

もう一把あるので、
せっかくの韓国ねぎだから、
長いまま折って食べる、キムチを作りたい。

ヤンニョム・・・、どうする?
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2014-04-07
 
 
 桜とスズメ
 
 

一瞬、止まった姿をキャッチ

桜の木にスズメがたくさん。
チュンチュンやかましいのです。

ものすごく忙しそうに、あっちの花、こっちの花と、
花の間を駆けまわっている感じです。

桜の蜜は、スズメの大好物らしいのです。
知りませんでしたね~。

だとすれば、毎年桜にはスズメがいたはず。
気がつきませんでしたね~。

桜の枝の中をたくさんのスズメが動き回ると
満開の花びらが散ります。

スズメが桜の花びらを散らしているのは、求愛行動とか?
恋の季節?

先に桜の中のスズメたちを見ていたので、
テレビから、そんな話題が耳に入りました。


スズメと桜。
どちらもなじみの存在ですが、
忙しそうなスズメの動きに愛嬌があって、
わたしの目には桜が脇役という感じでした。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2014-04-08
 
 
 自分をキープ
 
 


満開のソメイヨシノの中で咲くこの花は???
桜かな?違うのかな?


満開のソメイヨシノを見て、感動しない人はいないはず。
わたしも、感動します。

だけど、
一斉に同じものを見て、みんながみとれていると、
なんだか、しっくりきません。

お花見で大勢の人がそぞろ歩きしている中で、
わたしの目は違うものに惹かれています。

始めは、ぽってりとした蕾に惹かれて・・・、
見ているうちに、
薄曇りのグレーを背景に花びらが重なってできる色に惹かれて・・・。

どうやら、そうやって、周囲とは違う世界に身を置いて、
わたしは、苦手な人ごみの中で
自分のポジションをキープしているようです。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014年04月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 > >> 


ページの先頭へ