2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2015-02-01
 
 
 ピンクの額の国の人たち
 
 
2月になりました。

毎年2月になると、
額や布など、部屋に春の気配を感じる色味のものを出します。

ピンクの額もそのひとつ。





鉛筆で描かれたチューリップ、見えますか?
きれいなピンク色が写真で伝えられるかな?


10年ほど前、
40日ほどシリアで仕事をして(私ではありませんよ)、
現地の方からいただいたおみやげは、
豪華なレースのテーブルクロス。

どう考えても、わが家には不釣り合い(笑)。
私が喜んだのは、クロスを包んでいた紙(笑)。

あまりにも美しかったので、額に入れました。





撮影した当時、シリアは、とても穏やかで、
大理石の遺跡が美しく、
地中海沿岸には、オリーブ畑が広がって、

地中海沿岸の町、アレッポの市場には、
あのアレッポのせっけんが山積みされていたそうです。


報道によれば、ここ数年、シリアでは厳しい状況が続き、
中でもアレッポはかなり深刻とのこと。

私が写真で見たアレッポ石けん屋のお兄さん、
テーブルクロスをくださったご家族のみなさん、
どうされているのでしょうか・・・。

穏やかに暮らしていた多くの人たちが、
日常を奪われ、難民となっているのですね。


ピンクの額があることで、
一度も行ったことのない街、
会ったことがない人たちのことが、気になります。

10年ほど前のアレッポの街

 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2015-02-02
 
 
 寒さ対策を楽しくがんばります♪
 
 
年が明けて、お正月早々の積雪。
それから、何回雪がちらついたでしょうか。
この冬は雪の日が多いですね。

雪がちらつく中、
赤茶色に寒さやけしたベランダの植物たちも寒そう・・・。
オリーブの木は、静かに寒さに耐えているように見えます。


きのう/窓の外は真っ白。雪はベランダにも舞い降ります。

北国、雪国の、極寒、積雪を思えば、
真冬でも洗濯物を外に干せること、
植物とともに過ごせることは、ありがたいこと。


ベランダの隅で、スイセンが一輪咲いています。

ただ・・・、家の中は、寒いです。
動いているときは紛れるのですが、
デスクワークのときは、ジワジワ冷え込みます。

ざぶとんも足元暖房も工夫のしどころ。

首、手首、下半身、特に腰回り、足元をいかに暖かくするか。
工夫しがいがあります。

もう、おしゃれなんて、誰がそんなこと言ってますか(笑)。
軽くて暖かい服が一番!


関西では、東大寺二月堂のお水取りが終わる頃(3月14日)、
春が来るといわれています。
それまで、寒さ対策楽しくがんばります。

これから、少しずつ、少しずつ、春に向かっていきます。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-02-03
 
 
 カンタンおいしい♪~やっと作りました
 
 


キャベツとベーコンのスープ煮。
あふれそうです。
あまりにもカンタンで、「お鍋」と呼びたいです。

キャベツひと玉を放射状に8つ程に切って、
フードプロセッサーにかけた
にんじん1本、玉ねぎ1個を加えて、水から沸騰。

火からおろして、保温鍋へ。
30分以上放ってから、再びコンロへ。

厚切りベーコンのせて沸騰したところで、
再び保温鍋へ。


今回は、期限切れが近いからたっぷり~!贅沢!

味付けは、岩塩と粒胡椒、味の決め手はベーコン。

ベーコンは、豚肉と塩と黒こしょうだけ。
近くのスーパーで時々見かける、
「スモークハウス白南風」。

だしとして役割を果たしたあとも、
大きくざっくり切ったキャベツに、
厚めのベーコンひと切れあれば、食べごたえ十分。

だから、いつもは、ベーコンを切って冷凍して、
小分けして使います。


キャベツのスープ煮。
12月の自宅講座のときも紹介しましたから、
ひと月半ぶりに作りました。

カンタンなのに、ベーコン買ってから10日も経って、
期限が切れるギリギリで作りました。
あ~、余裕のない日々でした(笑)。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-02-04
 
 
 感動のレギンスはフェアトレード
 
 
きのうは節分、今日は立春。
といっても、今日は、季節感とは関係のない話題。


毎週届く、食品のカタログ。
いつの間にか、生鮮品の情報より、
日用品の情報の方が多くなっているかもしれません。

印刷物が増えることはうれしいことではないけれど、

その情報、とても助かっています。
あふれる世の中の情報をセレクトして、商品紹介してくれます。


しかし・・・、
店頭で、この価格みたら、たぶん買わない(買えない)。

だって、ヒートテック5枚分ほどの価格です。
カタログで、じっくり見て、それで買ってみました。

何が違うのか知りたかったから。

 
レギンスのラベル

第3世界ショップ、
アサンテサーナの、オーガニックコットンレギンス

初めて身に着けた時、感動。
肌触りのいいこと!!ふっくらあったか。
コットン95%。

フィット感よく、
履いて一晩寝ても足首からずり上がらないのです。


マダガスカル島の東に浮かぶモーリシャス島産。
買うことで生産国の人とつながる気がする、フェアトレード。

それもそうだけど、何より品質が最高なのです。

だから、価格に納得。
でも、一枚しか買えていません・・・。
もう一枚ほしいな~。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-02-05
 
 
 洗える耳かき
 
 
何気なく使っていて、
ふと、「これいいよね~」とつぶやきそうに。

何がいいって、
本来の耳かきとしての使い心地はもちろんですが、
使ったあと水で洗えるのです。


フレキシブルっていうか、弾力性があるといいますか・・・。



「ののじ」の爽快ソフト耳かき

耳かきが洗えるって、いいでしょ?
だから、しまい場所は洗面台前の鏡の裏。
洗面台前で使って、洗って、タオルで拭いて戻します。


こういう生活用品は、
案外しっかり選んでいないかもしれません。

ひとりにひとつ、
自分に合ったものがいいですね。

ののじ」は、ユニバーサルデザイン生活用品メーカー。
耳かきだけでも何種類も紹介されています。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-02-06
 
 
 元気にしているかな?
 
 
まんまる幼児体型?のイソヒヨドリ。
ひと月ほど前に撮りました。


1月7日/撮

1月16日だったかな?
ベランダのオリーブの実が最後の一個になったのを見たのは。

1月16日、17日の2日間、
イベントで日中留守にしている間に、
オリーブの実は、最後の一個がなくなっていました。


それから数日、イソヒヨドリは時々姿を現し、
窓際に置いた山帰来の実をついばんでいるのを見て・・・、
それ以来、半月姿を見かけません。

窓際に置いた山帰来のリース、
何年も前のものです。
きっと、おいしくなかったのでしょう。

食べものがとても少ないこの時季、
どこで、どうやって過ごしているのでしょう。

餌を置きたくなりますが・・・、
いろいろ事情があって、置けません。

元気でいるんだよ。


1月19日/撮 逆光、窓ガラスの曇りと汚れで姿がかすんでしまいました。


 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-02-07
 
 
 葉ボタンと出会って その3
 
 



お正月に梅や松といっしょに愉しんだ葉ボタン。
しばらく、視野から外れた存在でした。

水遣りをしようとして、
葉っぱが枯れているのに気付いて、
器から葉ボタンを出してみると、発根していました。


根の状態が見えるように、グラスに替えて、
グラスの透明感を
明るい窓辺で愉しみます。

陽射しに映えるように、
シクラメンの赤い色を挿し色に。


葉ボタンは、地味な植物ですが、
どの器も似合って、
いろいろな景色を作って、長く愉しませてくれます。

窓辺に置いたことで、
しばらくはコーヒータイムのたびに、
目の前で愉しめそうです。


 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-02-08
 
 
 「いただきま~す♪」
 
 

湯気が写っています♪


おかずをいただきました。
白菜とお揚げ、豚肉、豆腐も入っています。
あんかけです。

中華丼にしようかな?
丼にするのに、
味を濃いめにするため、薄口しょうゆとお酒を少し足します。

小鍋であたためて、ご飯にかけて、
アツアツをほおばります!
最高~♪

自分で作ったのとは違う美味しさです。
作らなくていいから?
それもありますが(笑)、やっぱりありがたいです。


人とつながることは、
いいことばかりではないです(ホントに~)。

あ、このおかずくれた人が
どうこうってことではありません(笑)。
一般論です(笑)。

つながりって、
都合よく必要なときに、
急にできるものではないですから・・・。


中華丼を食べながら、いろいろ考えました・・・、
というのはウソです(笑)。
美味しくて、黙々とアッという間に平らげました!

また、よろしく~♪
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2015-02-09
 
 
 道具は大事
 
 
去年、ドライバーセットを新しくしました。

10数年ぶりに買ってみたら、
とても使いよくなっているので、関心してしまいました。

ドライバーの軸の素材は炭素鋼。
むかしのはプラスの先がつぶれたりすることがありましたが、
これは、たぶんつぶれない?


兼古製作所 ANEX

黒いハンドルは、
長さと太さを補って、握りやすさを補強するのは、
むかしと変りませんが、

写真のように、
穴に差し込むとT字になって、持ちやすくて、
がんばらなくても力が入り、とても回しやすいのです。



付属のコイン状の部品は、
ヒートン(?形ネジ式フック)を回すのに都合よし。

 

コイン状の真ん中に軸を差し込むと、
ドライバーを回す時位置が定まって、
ネジ頭から、ドライバーの先が外れにくい。


さて、小さい方の穴の役目は・・・?


以前、キッチン収納の蝶番のネジ穴が緩んでずれて、
扉が何度も外れたことがありました。

何度目か外れたとき、ドリルとドライバーで、
穴を空け直して、取り付け直すことができました。


そういう作業を億劫がらずにするには、
使いよい道具が必要。

道具はどんどんよいものが出ているようですね。
ドライバーの買い替えをきっかけに、
DYI道具の機能も見直していきます。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2015-02-10
 
 
 久しぶりの片づけ
 
 
先月の『暮らしの工夫展』の準備で、
もの作りをした残骸を
ようやく片づけに取り掛かれました。

その流れで、
ずっと片づけたいと思っていた
引き出しの片づけにも着手することに。

片づけたかったのは、「切った布」の引き出し。
擦り切れシャツなどは、
鍋つかみなど生活小物の材料にするため、
切って布状にして引き出しにしまってあります。

それらが、
出したりしまったり繰り返すうちに乱れていました。

それに・・・、
1月の『暮らしの工夫展』で材料にしたセーター類。
その残り材料をしまうのに、場所を確保しなければ・・・。

しまってあるものも含めて、
しまい場所としまうものの見直しです。
片づけのタイミングが訪れました。


引出しの中の布を全部出して、
一枚ずつ扱いやすさと、見やすさを考えて輪にして、
膝の上でたたみ直します。

その時間が、なんだか心地いい・・・。

ざっくりながら、
大きさ別にまとめて立ててしまいます。

立てて並んだ布に何だか表情が見えてきて、
わくわくしてきました。


実は、量が多いです。次の片づけでは残すものを絞込みます。

しまい方は、厚紙を二つに折って布を挟んで、
布を厚紙ごと引き出せるようにしました。
厚紙は仕切りも兼ねています。


厚紙ごとつかんで取り出します。

小さい切れ端は、
パッチワークするときに便利なので、
臨時で紙袋を使ってまとめました。

 
折り線がまっすぐすっきりするように、紙袋を折り込みたいところで折り目をつけて、
折り込みやすいように、折れ線まで二か所対角線にはさみで切りこみ。


イベント展示物作りの残骸を片づけながら、
しまい場所を入れ替えるため、
都合がいい玉突き片づけとなりました。


はじめはどこから手をつけたらいいのか・・・、
混乱していた自分が
片づけながらだんだんと落ち着いていきました。

気がつけば、こころが整うよい時間。


今月中に新たに作らなければいけないものがあり、
今週後半、再びもの作りをします。

片づけながら、作るもののイメージが浮かんできました。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
             
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 > >> 


ページの先頭へ