2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2015-05-01
 
 
 雨の日、晴れの日のオオイヌノフグリ
 
 
5月になりました。

先月、後半から朝ウォーキングを再開。
今日は、そんな中での出会いを紹介します。



先日森で出会いました。
花粉がはじけて、ウインクしているみたい♪




群生しているオオイヌノフグリ。
その中からひとつだけ、表情があるものを見つけだします。

それは、とっても楽しいひととき。


前に、ベランダのグミの花の時も書いたけど、
実は晴天の日はカメラに収めるのが、
私には光の捉え方がむずかしいです。

曇りの日が写真に撮りやすい。
小雨の日は、植物が生き生きして、滴もいい感じ。


こちらは、
10日ほど前、小雨の日、河川敷で出会いました。
ユーモラスな顔に見えます。




昨日、「よい休日を~」と書いてしまいました。
今日は、平日でしたね。
きょうから連休、と勘違い(笑)。

明日からよい休日を~♪
仕事の方は、次のお休みまでがんばりましょう~。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-05-02
 
 
 楽しく手放すために前もってすること
 
 
今日から、世の中は大型連休。
日本中お天気最高!
それでも話題は、お片づけ。


リビングの一角にCDコーナーがあります。
CDコーナーの床に置いた箱には
CDとは関係ないものが入っています。



キャスター付木箱は、無印良品のおもちゃ箱。



以前、このラックには、
ステレオの下に棚がもう一段あって、
CDがたくさん納まっていました。


あるものの置き場所が欲しくて、
この場所が目に止まりました。

棚をなくす(CDも)とほしい場所が作れそう。

そこで、CD全部を3秒ルールにかけて、
60枚ほど手放し、
棚を1段なくし、空いたスペースに木箱を置きました。


いま、この木箱の中には、
植物を愉しむための花器や器類が収まっています。


「こうしたい!」という先のイメージが具体的だと、
手放すものに焦点をあてた『3秒ルール』は、
案外スムーズにすすみます。

ものを減らした後どうしたいのかを、先に考えると動き出しやすい。
空いたスペースの活用。
スッキリとした空間、それを愉しむ自分。

そのイメージを十分にふくらませます。
すると、ふ~っと身体が動き出します。

私は、いつも、このふくらます時間をたっぷりとります。


と、いうことで、
この連休は、ぜひ、お片づけで、
お部屋のリフレッシュを!



追伸
まとめたCDは求める先に送りました。
ブックオフを利用するのもいいですね。
ブックオフに申し込んで、集荷に来た宅配業者に渡すだけ。

 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2015-05-03
 
 
 愛用の花切りはさみが切れなくなった!
 
 
大型連休、あちこち家族連れでにぎわっているようですね。

でも、「おうち派」も多いとか、
ニュースで言っていました。

きのうの『生活工房do!だより』、『暮らしがラクになる片づけ術』、
どちらもお片づけの話題でした。

おうち派のみなさまの暮らしのリフレッシュに
お役に立ちますように~。


さて、今日の話題は、長年使っている花切りばさみの
手入れ方法です。




10年以上前に買った「花切りばさみ」が、
急に切れ味がよくない。
困ったな~。
はさみ砥ぎ器があったはず。







はさみ用砥ぎ器は、あら?同じメーカーですね。
フィンランドのメーカーなんですね~。

でも、刃がカーブしていて、使えません。

そうだ!
テレビでやっていた方法を思い出して、
はさみの止めネジ(カシメって言うそう)をペンチで締めてみると・・・、、
切れ味は戻りました~♪


ところで、
少し前、NHK「あさイチ」で、
暮らしの知恵(器の裏を砥石代わりに使う方法)では、
はさみは砥げないって、放送。

でも砥ぐ面、箇所が違っていた、後日番組で訂正していましたね。


器を片手に持って、角度をキープして、
はさみの刃の斜めの部分を器に当てて、50回ひきました。
昔からの暮らしの知恵はほんとうでした。




切れ味アップ!まだまだ使えそうです。


実は買ったときのいきさつは覚えています。
当たり前だった切れ味が切れなくなったことで、
なんだか、このはさみとの縁が深まった気がします。

時々お皿の裏で手入れして、
大事に使い続けたいです。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-05-04
 
 
 森はいのちを感じさせてくれます その1
 
 
新緑の季節ですね。
今日の話題は、
片道20分で行ける森の山桜の話です。



ひと月前、満開だった山桜。

満開のときは、
白っぽい花と赤みかかった葉っぱの色が重なって、
ほんのりさくら色でした。
山桜ならではの色の世界でした。

いまは、葉っぱの色が新緑に。
実は大きくて5ミリほどです。




山桜の実は、
食用のさくらんぼと違って、実が小さいからなのか、
まっすぐ空に向かって実がつきます。
その姿が私には魅力。

野生の力強さを感じます。


黄緑色のさくらんぼは、
これから、日ごとに色づいていきます。

毎日見にいかないと、
色づいた実は野鳥たちに食べられてしまいます。




(つづく・・・)
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-05-04
 
 
 森はいのちを感じさせてくれます その2
 
 
片道20分で行ける森の話。
今朝のつづきです。


桜の葉っぱが虫喰いだらけ。
ちいさい「あなた」がひとりで食べたのですか?





しばらく森の中で佇んでいると、
たくさんの「いのち」が息づいている気配が・・・。

「いのち」を感じる、不思議な感覚。


つまびらかに目をやると、
虫たちがい~っぱい活動しています。
花粉まみれになっているこの虫はなんでしょう?





虫は苦手です。
なのに、その活動ぶりに見とれてしまいます。


そのうち、あれやこれやこころのカサカサが・・・、
いつの間にかすべすべになっています(笑)。



15年もの間、窓から眺めるだけだった「山」の新緑。

まさか、自分がその中に足を踏み入れるとは思っていなかったなあ~。
森へ出かけるようになって2年ほど。
こんなによい森が近くにあるのに、もったいなかったです。


足を踏み入れると、
遠くから眺めるだけではわからない、
「ワンダー」が感じられます♪

この時季の森は、特にわくわくドキドキがいっぱいです。

住宅街のすぐそばの森だけど、
そこには「大いなるもの」が宿っていると感じます。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-05-05
 
 
 新しい仲間のしまい場所
 
 
この連休、どこかへ出かけましたか?
これからですか?

いつもとは違う場所へ出かけると
何かお買いものしたくなりませんか?

お財布のひもがゆるくなるのかな?



さて、今日は、
先月、うちにやってきた、
お皿とおしぼり置きの木皿のしまい場所の話です。


新しく仲間入りするものは、
すぐにはしまい込みません。

眺めて愉しみつつ、
しまい場所や使い方をイメージします。

これは、ものの存在を
映像で覚える仕掛けにもなっています。



木工品は小島優(コジマアツシ)さん作


大きな柄のお皿は、
同じ大きさのお皿と同じ場所に
すんなり納まりました。


木皿はどこにしまいましょ?
漆のトレイやお椀を置いたコーナーが空いています。
ここにしましょう。




ここには、リサイクルショップで出会った
漆のお椀やお皿が納まっていたこともありました。

何度か『3秒ルール』を繰り返して、
それらはどこかへ旅立ち、
しばらく、空きスペースになっていました。


このたび、新しい仲間がいい具合に納まりました。
先に空けて置くと、
出逢いは訪れるのかもしれませんね。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2015-05-06
 
 
 カラスが佇んでいる?
 
 



カラスが、じ・・・・っと、そこにいます。
私が通りかかると、チラリとこちらを向いたものの、

ふたたび、ぼんやりと佇んで・・・
いるように見えました。


餌を狙っているとか、
そういう野生の緊張感は感じません。
ただ、ぼ・・・・っと、そこにいた・・・。

カラスも考え事をするのかもしれない。
そんなふうに思ってしまう姿。


ただ、それだけでしたが、
印象的なシーンでした。



追伸
カラスがそこにいた、というだけのことだけど、
ここから、物語だってできてしまうのかもしれない。
イマジネーションを鍛えるチャンスは、
やっぱり日常の中にあるんだ!
と、今朝河川敷を歩きながら、思ったのでした。

連休最後の日。
私は仕事。
みなさま、よい休日を♪

 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-05-07
 
 
 小さな感動をたくさんいただいています
 
 
大型連休の間に、
近くで遠くで、
植物や虫たちとの小さな出逢い、感動がいくつもありました。

きょうは、昨日の小さな感動を紹介します。


一週間前(4/30)に群生を紹介したノヂシャ。
こころに留めて見ないと、
見逃してしまうほど、花はとても小さいのです。

1ミリより小さく見えます。
とてもとても小さいので、
私の老眼鏡では近づいても花は見えません。

カメラがあるおかげで、花が愉しめます。
終わりかけの花を捉えることができました。





真っ白ではなくて、
うっすらと、青紫色・・・わかりますか?

小さな虫もいっしょに写りました。




群生の写真をもう一度。
やっぱり群生も美しい。




一年前、
近くの河川敷でこの小さな花の存在に気づきました。

この花の名前を知りたくて調べていて、
グリム童話の「ラプンツェル」を知りました。
「へ~・・・、そうなんだ」。


ほかにもいくつもの小さな花に出会っています。
出逢うたびに「へ~!」
「へ~」って何回言ったかな?

ほんとうに、知らないことがいっぱい。
出逢って小さく感動して、
「なんだろう?」と興味が湧いてきます。

こういうとき、
人はきっと、イキイキしていると思うのです。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-05-08
 
 
 6月、新たな場所で講座をします~その1
 
 
きょうの話題は、6月に講座をする場所の話です。
 
 

きのう、6月5日に開く講座の会場で、
オーナーTさんと打合せをしてきました。


講座の場所は、神戸のJR元町駅から歩いて10分ほど。
兵庫県庁のそばです。

大きな通りを入ったところにあるマンションの一画に、
 
 
 
 
 
講座の会場は、
ギャラリーの2階、「トアロードリビングス・スタジオ」です。

充実したキッチンスタジオでは、
NHKあさイチに出演の、
京のおばんざい料理家大原千鶴さんが
毎月お料理教室をされています。


スタジオ教室の隅には、
あのYチェアが何気なく置かれていて・・・、

カウンターの下や戸棚には、
ギャラリーで扱う器がたくさん並んでいます。

目にするだけでも楽しい器。
講座のティータイムで、
みなさまに実際に使っていただけます。

  




今度の講座は、ゆったりしたスペースで、
「ラクにスッキリ暮らしたい!」方のお困りごとを
じっくりお聞きすることから始まります。


きょうから即できる、
『10分片づけ』の具体的な方法だけでなく、
解決策を見つける考え方をお伝えします。





神戸にお出かけの際は、
三宮センター街の「クロワッサンの店神戸店」情報コーナーで、
案内を手に取ってみてくださいね。

 
中山手通りにある
「トアロードリビングスギャラリー」にも
案内があります。
 
ギャラリーでは、作家さんの器、かご、手織りの布など、
本格的な生活用品に触れることができます。
どうぞ、神戸山の手をお訪ねくださいませ。
 






キュウリグサ/近くの河川敷で



暮らしはラクに楽しく♪ 「土井けいこ『暮らしの講座』」
■とき/6月5日(金)午後1時~4時
■ところ/トアロードリビングス・スタジオ
■受講料/3,500円(税込) 

資料代350円別途(冊子「居心地のいいキッチン」お持ちの方は不要)

講座のお申込み、お問い合わせは・・・こちら




きょうの話は、明日につづきます。

明日は、25年前のTさんとの出逢い、その後のつながりです。





 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2015-05-09
 
 
 6月、新たな場所で講座をします~その2
 
 
(・・・きのうのつづき)


長くなりますが、
今度の講座の場所とのつながりをお話ししたいので、
お付き合いくださいませ。



「トアロードリビングスギャラリー」オーナーTさんとは、
私が会社員だった25年前、仕事で出逢いました。
 

出逢った頃、Tさんは、
クロワッサンの店神戸店のオーナーでした。

クロワッサンの店神戸店は、
震災前、トアロードにあり、ギャラリーも併設していたのですが、
あの地震で、仮店舗へ移転、ギャラリーはなくなりました。
 
 
まもなくクロワッサンのお店は、
仮店舗から三宮に移り、ギャラリーを併設して新たなスタート。




実は現在ギャラリーがある場所は、
20年前は、
クロワッサンの店神戸店の倉庫として使われていました。


阪神淡路大震災のあと、会社勤めを辞めた私は、
震災で混乱した倉庫の片づけを一手に(ちょっと大げさ?)引き受けて、
在庫が管理しやすいように大改善。


そういえば、
「クロワッサンの店神戸店」が、

現在の場所で本格的に再開するとき、
事務所の書類収納・ファイリングも引き受けさせていただいたのでした。
 



やがて、ギャラリーは独立して、倉庫だった場所へ。
倉庫として使われていた部屋が、
ステキな空間に生まれ変わっていました。
 
 
 トアロードリビングスギャラリー」の入り口/木々が育って歳月を感じます
 
 

 
さて、そんなつながりのある、
「トアロードリビングスギャラリー/暮らしの講座」で、
震災から20年経った今年、
私は講座をすることになりました。
 
こういうのをご縁というのでしょうか・・・。




 

一昨日は、
現在の「クロワッサンの店神戸店」店長とも会い、
講座の案内をお店に置いていただくことになりました。
 



「ラクにスッキリ暮らしたい!」方の、
お困りごと解決策をお伝えする講座です。




 
 
神戸にお出かけの際は、
三宮センター街の「クロワッサンの店神戸店」情報コーナーで、
案内を手に取ってみてくださいね。
 
 
中山手通りにある
「トアロードリビングスギャラリー」にも
案内があります。
 
ギャラリーでは、作家さんの器、かご、手織りの布など、
本格的な生活用品に触れることができます。








近くの道端で/カタバミの蜜をお食事中?


暮らしはラクに楽しく♪ 「土井けいこ『暮らしの講座』」
■とき/6月5日(金)午後1時~4時
■ところ/トアロードリビングス・スタジオ
■受講料/3,500円(税込) 

資料代350円別途(冊子「居心地のいいキッチン」お持ちの方は不要)

講座のお申込み、お問い合わせは・・・こちら



 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 > >> 


ページの先頭へ