2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2015-06-01
 
 
 6月です!
 
 
きょうから6月ですね!


朝からくたびれモードで、
パソコンに向かう時間が短くて、
「do!だより」を忘れていた!?


くたびれモードではありましたが、
パソコン以外は、あれこれいろいろした1日でした。


お下がりの夏のエプロンドレスを丈つめ、
切るだけしてみました。

5年以上前から懸案事項だった、
椅子の座面背もたれを替えたこと。



ほかにもいろいろした1日でした。




そうそう、今朝発見したうれしいこと。
エアプランツに新芽発見♪






エアプランツのことも、
きょう1日のあれこれも、
あらためて、ゆっくり、ひとつひとつ報告します。

。。。というわけで?
今月も好い日々に♪
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-06-02
 
 
 排水口の汚れと臭い対策
 
 
先日『エコ掃除』の講座がありました。
 
参加者の方からのお悩みは、
「排水口の汚れが取れなくて困っています。
毎日洗っているのに、汚れがたまるし、取れにくい」
でした。
 
 
 
排水口に汚れがたまらない対策はふたつあります。
 
 
ひとつには、
排水口のゴミ受けかごに生ゴミを溜めないこと。
 
溜めると、
きれいな水も生ゴミを通過して、汚水になり、
結果的にゴミ受けかごもトラップもすべて汚れてしまいます。
 
 
 
それに、溜まっている生ごみが、
いつも濡れるので、
 
汚れ、雑菌もたまり放題になる上、
梅雨時などは、臭いの元にもなります。
 
 
 
以前にもお話ししたことですが、
排水を汚さないためにも、
臭い防止の点からも、生ごみはシンクの中に入れず、
 
できるだけ濡らさないように、調理台の上で処理します。



かごは二重。浅いかごで素早くごみをキャッチ。



基本的に、
ゴミ受けかごは排水管にゴミを流さないためのもので、
ゴミを溜める場所ではないはず・・・。

ゴミを粉砕して流すのも
違うんじゃないかな?思うのです。
流せば排水口は汚れませんが・・・。

いずれ還ってくるような???
(あ、集めて浄化排水するのですね。)

 
 
食器の汚れも、
できるだけ調理台で処理するとラクで、
排水も汚れず、排水口も汚さずにすみます。
 
 
酸性の油汚れやたんぱく質汚れは、
アルカリ性で取れるので
セスキなどをスプレーして、布で拭き取ります。






こびりついた黄身にセスキをかけて、布でなじませてクルクル。
スルスル~っと汚れが布で拭き取られるのが肌感覚で伝わってくる
 
 
布で汚れがほとんど取れるので、
(私の場合)あとは指のハラで軽くすすぐだけでOK。
 
 
 
 
参加者の方が、
汚れを拭き取ることに対して、
「そんなことまでしなければいけないのですか?」
といわれましたが、


排水口を汚してしまって、
その汚れで悩まれていることにお気づきではないようでした。
 
 
 
お皿やお鍋の汚れをあらかじめスクレーパーや布で拭ってしまうと、
すすぎがラク。
 
油はもちろん、煮汁も流さず、
新聞紙と使用済みのポリ袋などを使って、
調理台の上でキャッチして、布などで拭き取ります。
 
 
「そんなことまで・・・」と思うのは、
まだやっていないからかな?
 
 
 
やってみると、
こんなにラクで気持ちよい方法があったんだ、
と思っていただけること、間違いなし!です。
 
 
 
洗剤も最小限で済みますから、
食器洗いがラクになって、
お悩みの排水口の汚れ防止にもなって、
臭いもしなくなって、
 
排水口も川や海も汚れなくて、
 
いいことずくめなんです♪




追伸
いまになって気がついたのですが、
参加者の方が聞きたかったのは、汚れをラクに取る方法だったかな?

汚れてしまった排水口をラクにきれいにするには、
まず重曹で臭いをなくす・・・というのは、
講座で話ました。

ゴミ受けかごを樹脂が変形しない程度の高温のお湯に浸けて、
酸素系漂白剤を振りかけ、冷めるまで置きます。
泡立つので注意。
これも講座の中で紹介しました。
 
 

 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-06-03
 
 
 シンクでの後片づけに使うものの置き場所
 
 
器の汚れなどを取るのに使う、
ウエス(小さく切った汚れ拭き取り布)の置き場所を変えてみました。

キッチンシンクの下。
扉を空けると、引き出せるラック。

もともとありましたが、
便利な場所なのに活用していませんでした。




WECKのふた付きガラス容器には、
ハイネリー(クレンザー)の小分け。
濡れた手でも蓋がさっととれるこの容器はとっても便利。


ふたなしの空き瓶には、小分けの重曹。
重曹のびんにふたをしないのは、
湿気対策&消臭効果を考えて。


湿気を吸収すると固まりますが、ほぐせば使えます。

削ってお湯に溶かすとアルカリパワーアップ!
セスキを超えます。(太陽油脂


きのうの記事「排水口の汚れと臭い対策」では、
お皿の黄身汚れを取るとき、
この引き出しラックから重曹のびんを取り出し
お湯に溶かして使いました。



さて、長年の場所から置き場所が変って、
今度の場所で定着するでしょうか?
しばらく様子を見ます。

 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2015-06-04
 
 
 不便を解決する意外なもの
 
 
コーヒーミルは、
ポーレックスのを愛用。

ハンドルは使うとき装着すればよくて、
出して置いてもじゃまにならないサイズとデザイン。
分解して洗うこともできます。


ただ・・・、
1杯用のサイズには、滑り止め兼用のハンドルキーパーがついているのに、
2~3杯用のこれには、滑り止めがついていません。


筒を握って、ハンドルを回すので、
筒が滑ると回しにくいです。

いろいろ使ってみましたが、
最近は輪ゴムですべり止め。



そんなとき、
別件で立ち寄った東急ハンズで
シリコンゴムの輪っかを見つけました。

「もしや?」と閃きまして、
試してみます。



Oリング NBR P-35 



筒の直径より若干小さ目を、力でのばして装着。

快適!
たった一本のシリコンの輪っかが、すごい働きです。
世の中には便利なものがあるものです。

ダメでもともとと思って買ってみたところ大正解!






不便を「こんなものか・・・」と放置してはいけません。
小さな不便を感じて、覚えておくことが大事。

な~んて、気分上々で、言ってみます♪



シリコンゴムをしたままでも、デザインの一部になって、
いい感じ、とおもいませんか?




それにしても、
ポーレックスがはじめから滑り止めをつけてくれたら、
いいのになあ~。





追伸
2年前の7月にもコーヒーミルのすべり止めについて書いていて、
そのときは、シリコンラップを使っていました。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-06-05
 
 
 食器洗いが「やすらぐ時間」に
 
 
きょうは、
キッチンの後片づけを気持ちよくできる
私の相棒を紹介します。


食器洗いは、
「あみたわし」(ポリエステル100%、22センチ×22センチ)、

食器拭きは、
「和太布」(がら紡布、綿100%)を使っています。




「あみたわし」は、
「クロワッサンの店」の商品です。

少々の油汚れは洗剤要らずでOK。
ごはんのようなこびりつき汚れも取れます。


「あみたわし」は、お鍋や食器や洗い物が終わると
汚れています。
汚れをしっかり取ってくれる証拠。

洗い物の間にお湯を沸かしておいて、

最後にシンクを洗って(私は排水口も洗ってしまいます)
使ったあみたわしをお湯に浸けて、
酸素系漂白剤(これも「クロワッサンの店」で扱っています)
振りかけて浸けておきます。

浸けている間に調理台まわりを拭いて、

最後にきれいになったあみたわしを干しておしましい♪



洗った食器を拭くのは、「和太布」。

これがまた、うれしい使い心地なのです。
これについては、
あらためて、じっくりお伝えしますね。



なにしろ、
若いころは、食洗機さえあれば、
私は幸せになれる、と思っていたくらい嫌いだった、
ごはんの後片づけが、

いまは、とってもきもちよく進められて、
「やすらぎ」の時間といってもいいくらいなんです♪


それは、
洗剤をほとんど使わないのに、
ラクにきれいになる、あみたわしのおかげかも?

そして、すっきりきもちよく拭きあがる
ふわふわのふきんのおかげかも?


20年前の自分を思い浮かべると
同じニンゲンとは思えませんね(笑)。





追伸
最近聞いた話です。
「食器洗いにスポンジを使うのをやめて、

あみたわしにしました。
最後は漂白して一日の台所しごとを気持ちよく終えられます」
以前に私があみたわしをプレゼントしていました。
スポンジでは、いつまでも泡と汚れが取れなくて、
「終了!」のすっきり感が得られませんね。

 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-06-06
 
 
 梅雨冷えにはガーゼがうれしい
 
 
ここ数日の梅雨冷え。
寒暖の差に身体がついていけない感じです。



5月の終わりには、
日中のデスクワークはノースリーブを着るほど暑かったのですが、

ここ数日は、
半袖もムリな空気の冷たさ。

かといって、湿度がありますから、
長袖Tシャツはうす手を選ばないと・・・。

うちの中で着るものがむずかしい。




そんなとき、
着心地よく感じるのが、長袖ガーゼシャツです。


肌触りはさらりとしていて、
肌のあたりがやわらかく、
空気を含んでいるので、あたたさも感じます。


首元のボタンを留めたり外したり、
袖口を折ったり、ボタンを留めたりして、
衣服内気候を微調整。



手前のガーゼシャツも奥のパジャマも10年以上着続けています。




シャツは、
スーパーのオリジナルブランドで、
しかも半額、1,000円でした。
安くて重宝する着心地はありがたいです。


無印良品などでも、
ガーゼシャツを見かけますが、
私が見た限り、長袖はないようです。

七分袖では、手首が寒い。

いまあるのを擦り切れさせないように、
梅雨冷え限定にしようかな?



この時季、ガーゼが重宝なのは、
日中だけではありません。


パジャマもガーゼが活躍です(写真奥)。


毎年、梅雨冷えになると、
ガーゼのパジャマを引っ張り出すのです。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-06-07
 
 
 紫陽花の季節に蘇る記憶
 
 





白っぽい写真が二日続きましたから、
きょうは紫陽花の写真とともに、
とりとめのないひとりごと…。



紫陽花を見ると蘇る記憶があります。


もうず~っと前、
6月の鎌倉で見た雨の日の紫陽花。

銭洗弁天のあたりだったかな~?
私は白色いワンピースを着ていました。

銀座4丁目の「三愛」で買ったワンピース。


あの日があって、
その後の私、今の私がいます。

人生の出発点かな?
雨の鎌倉、紫陽花、白いワンピース。
・・・・。




2年前の6月には、
後輩が、たくさんの紫陽花を庭から摘んで来てくれたっけ。


紫陽花をいただいて少しして、
育てていたベランダの紫陽花に
水遣りを忘れるほどのできごとがありました。

びっくりしたな、大変だったな~。







近所のスーパーの近くの道端、
たくさんあじさいが咲いています。


色や花びらの形に見とれて、写真を撮っていたら、
カメラを持つ私の左手に蚊が止まって・・・。

こういうとき、私の脳みそは、
右手に、
「シャッターから手を放して蚊を叩きなさい」と、
即指令を出さず、
1~2秒ほど、蚊を見てしまいます。

ハッと気づいて叩いたときは、
(あ~、遅かったね~)。







例えば、70歳の私は、
こんなできごとも、この街での出逢いも、
紫陽花の季節になると、
「そういえば・・・」と、思い出しているのかな?





ほかの花に比べて、
紫陽花は「できごと」、
その時の自分と関わった人たちを、
鮮やかに蘇らせるようです。
何でだろう?



紫陽花は、
好きな花のなかでも大好き!なひとつ。

何度もトライしては育て続けることができなくて、
あきらめてきたけれど、

今年も鉢物育ててみたいな~。
早く買わなくちゃ。

 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2015-06-08
 
 
 煎茶で冷茶をつくると、美味しい♪
 
 
ふと、煎茶を水出ししてみようと
思い立ちました。


先週の木曜日の夜のことでした。



手持ちのWECKのびんを使って、
たっぷりの煎茶を紙パックに入れて、
水を注いで、冷蔵庫で一晩。

翌朝、
おいしい冷茶ができていました。

「これは玉露?」
「・・・煎茶。」



それから、呑みきるたびに
水を足しつつ、冷蔵庫で保管を繰り返し、

今朝もまったりした冷たいお茶をいただきました。





何日大丈夫かな?

紙のお茶パックじゃなくて、晒にすればよかったな~。





追伸
茶葉を入れた紙パックは、苦みが出ないように、
そっとしておきます。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-06-09
 
 
 ヒメジオン?ハルジョオン?
 
 
野鳥、昆虫、野草・・・、
とにかく、いきものには弱い、イヤ苦手…でした。


そうなんだけど、3年前の秋にウオーキングを始めてから、
いきもの観察の楽しさを知ってしまいました。


マーガレットを小さくした、
カモミールに似たような、
その辺でよく見かける花の名前、1年前に知りました。


しかも、ハルジオンとヒメジョオンが大変似た花で、
なまえも「ジオン」と「ジョオン」は似ていて違うとか・・・。

見分け方法がいろいろ言われていることなど、
まあ、そういうことを知るのも、
いきもの観察1年生には楽しいのです。


これは、白い花びらがはっきりしているから、
たぶんヒメジョオンではないかと・・・。







ひと月以上前に、ヤブキリ?の幼虫とともに記録したのは、
たぶん、ハルジオン?
だって、花びらがモシャモシャですよね?

モシャモシャの方がハルジオンって、
1年前に覚えましたけど、違うかな?





二枚の写真を比べると、
花びらが違って見えるけど、
見きわめのポイント、花びら以外の諸説はよくわかりません。



だいたい、
「ハルジョオン・ヒメジョオン」という
曲があることも知らなかった。

そんな私が、
ほんとうは、
春紫苑(はるじおん)、姫女苑(ひめじょおん)だって、
去年に続いて今年も同じネタで、得意気に話題にしています(笑)。




ニンゲン、いくつになってもなにに夢中になるか、
わからんもんですな~(笑)。
可能性はだれでも無限?

いまが一番若いんだよね。
だんだん、話が逸れてきた・・・?
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-06-10
 
 
 掃除は『ラクに楽しく♪』~水回りの掃除
 
 
先日、キッチンのシンクの中の掃除について
相談が寄せられました。


シンクの中をきれいにしたいとのこと。

実は、きょう、午後から小学校で、
「重曹とクエン酸を使って、ラクエコ掃除」の講座です。

お話と実演。
相談を寄せた方のところへ出張講座をしたいですね(笑)。



さて、シンクの特に垂直面の鱗状の汚れは、
水垢汚れ。

このタイプの汚れには、クエン酸が効果あり。



注意!
「クエン酸」もレモンもお酢も酸性です。
酸性と塩素系漂白剤(ヌルヌル臭いがきつい)は、「まぜるな危険」。




私は、200㏄位のお水に小さじ1のクエン酸を加えて、
クエン酸スプレーをシンクのそばに置いて、
気軽にスプレー。



クエン酸・・・ということは、
レモンとか柑橘系でも効果あり。


以前、講座前の昼食時にグレープフルーツジュースを飲んで、
グラスのグレープフルーツの切れ端を講座会場に持って行って、
水垢汚れ取りに使いました。


料理で残ったレモンがあれば、
シンクの中をお肌のクレンジングの要領で、
垂直面をクルクル回しながらひとまわり。

水で流して、乾拭きを。
固く絞った台拭きで拭いても効果ありますよ。

水滴そのままが一番水垢汚れの元。


・・・・と、
この方法でお掃除する前に、
シンクについた食器やお鍋の汚れを洗うのをお忘れなく。
ベタベタした汚れはクエン酸では取れません。



クエン酸は、
キッチンでは、魚の生い臭いに効果あり。

試しにえびの殻を新聞紙の上で剥いて、
クエン酸スプレー吹きかけて、包んでゴミ箱へ。
臭いなし、でしたよ!



蛇口の付け根、蛇口、お風呂の桶、床などの、
白っぽい汚れ(石けんカス汚れ)にも効果があります。

その話は、またあらためて。


なんだか、去年のいまごろも、
同じこと書いていた気がしますね。


お風呂のカランがピカピカの理由→
コンログリルのこびりつき汚れを取る方法→







追伸

私は、食器やお鍋を洗ったあみたわしで、
シンクの中も排水口も洗ってしまいます。
・・・と、前にお話ししました。



6/5の記事より


汚れたあみたわしは、
シンクの中を洗っている間に沸かしたお湯につけて、
酸素系漂白剤で汚れを取って、干して、おしましい。




 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 > >> 


ページの先頭へ