2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2015-10-01
 
 
 食器の点検と拭き掃除で気分転換
 
 
10月です!


あれこれすることいっぱいで、
新しい月が始まりました。


う~ん、
苦手なパソコン仕事はくたびれます。

そうか~、
苦手なことをがんばってしようとするから、
緊張してしくたびれてしまうんですね。


それならば、拭き掃除しましょ。
お皿を出して、棚の中を拭きます。





シンプルな作業は癒しになります。
しかも、棚がきれいになります。

食器収納から、
器を出して、棚の中を拭いて、

ついでに、ほかの棚の器もしまい直して・・・。





明後日雑誌の取材で主役?になる器たち。

実は拭き掃除は器の点検も兼ねて取材の準備。
ついでに気分転換。

と、いいながら、
拭いたのは1か所だけなんですけど(笑)。

たったそれだけでも、
ものに手を触れ、棚を拭くことで、

パソコン仕事のくたびれ感から解放されます。



10月は慌ただしい月になりそうです。


みなさま、
よい日々を過ごされますように・・・。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2015-10-02
 
 
 古くなった調味料を処分しない理由
 
 
片づけで悩む人にとって、
使っていないものをどうすればいいかは
なかなかむずかしい問題。


きょうは、冷蔵庫の中の
使わない、使えない調味料の処分について。


私の場合、調味料で困るのは
減るのが遅くて、残り少ないまま、
古くなってしまうこと。


先日、
思いたって、
ドアポケットの中段=調味料の『10分片づけ』。

中段だけ全部出して、
『3秒ルール』で、
「確実に使う?」と問いかけます。

問いかけに「イエス!」と即答したものだけ、
中段に戻しました。

半分空きました!






「確実に使う!」と、
即答できなかった残り少ない、
古くなった調味料たち ↓ 







「捨てるなんてもったいない」
「まだ使えるかもしれないのに…」
そういう声をよく聞きます。

古い調味料をちゃんと手にとって、
しげしげと眺めてみたことあるでしょうか?

たぶんしていないと思うのです。

ちらりと見たくらいでは、
もう使えないくらい古いことには気がつかないです。

まして、ずっと使っていない調味料には、
使っていない理由があるはずなんです。

使えないものを、
「捨てるのがもったいない」と、
冷蔵庫の中に取り置く。。。


まずは、古くなっていることを知るために、
『10分片づけ』『3秒ルール』の実践を。

頭の中でなんとなく思っているうちは、
自分がしなければならないことは、
わからないと思うんです。


ちゃんと手にして「見る」ことが大事です。
それでも
古くなった調味料を使おうという人は、
いないんじゃないかな?







さて、
冷蔵庫に戻さなかった
古くなった調味料の中身を処分して、
びんを洗って、
資源回収に出しました。

あ。もしかして、
この作業が面倒で、
「使えるかも?」って、言うのかな?
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2015-10-03
 
 
 自分が育つ♪ 
 
 
きょうは、インテリア誌PLUS1livingの
取材でした。

テーマは、
インテリアでも収納でもなく、
「器」…………ではなくて、「もてなし」。




撮影準備中





撮影中


この取材は、
8月11日
8月12日
「楽しくたくさんの人をもてなすコツ」を掲載したのがきっかけ。


人が集まるということは、
いつもとは違うことをいろいろするわけで、
それを大変と思う方もいるでしょう。

したくない、と思われる方は別にして(笑)
人が集まる場所にしたいのに、
うまくできない・・・という方の参考になったらいいな・・・。


そんな気持ちで取材を受けました。




自宅が人が集まる場所になるって、
とても幸せなことだと思います。


何を作ろうかとひとりで作戦会議をしたり、
掃除をしたり、
買い出しをしたり、
料理をつくったり・・・。

後片づけもあります。


ちょっと大変?
そうですね・・・。

そうなんだけど、そのどれもが、自分の経験となって、
回を重ねるたびに、
自分が育ってきたように思います。



取材では、大勢の人をもてなす時の器の話を皮切りに、
「楽しくたくさんの人をもてなすコツ」を
たっぷり話を聞いていただきました。


若い方たちに、
人が集まる場を提供するよろこびが伝わったらうれしいです。


発売は、
11月17日です。

 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2015-10-04
 
 
 朝露に見とれて・・・
 
 
久しぶりに近くの森へ。


森の中にたたずんでいると、
解放されます。


朝露がほんとうに美しい。




なのに、
美しい朝露に、
ピントが合わないのが残念。



それにしても、
朝露がほんとうにほんとうに美しくて・・・。

ずっと見とれていたら、
いつのまにか、
ウオーキングシューズが濡れて、
中まで水が沁みて足が冷たい・・・・。


防水シューズを買った方がいいかな?

カメラ・・・、
やっぱり一眼レフ買おうかな?

ミラーレスってどうなのかな?


でも・・・、
問題は、
メガネが合わなくなっていることかもしれない(笑)。


朝の感動をたっぷり味わって、
さあ、帰りましょ。


往きは久しぶりの上り坂で、
きつかったのに、

買い物のことを考えたりして、
帰り道の足取りが軽かった♪
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-10-05
 
 
 久しぶりに野草との出逢い
 
 
きのうの朝、森で出会った植物。
目にした瞬間「好き!」と思った野草。


↓ 調べたけれど、名前わからず・・・、残念。




↓ こちらは、「タデクウムシモスキズキ」のタデ?




タデは、湯揚げしても元気にならず、
1日、キッチンの隅で湯冷まし?に
すっぽり浸かったまま・・・。




野草の世界は、
なかなか深くて、
タデもいろいろ種類があるようです。

調べるうちに、
ほかの植物を知って、
次にまたその植物と実際に出会う・・・かもしれない?



久しぶりに朝の森に出かけて、
秋の野草と出逢いました。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-10-06
 
 
 気分転換
 
 
↓ 6月の室内です。






きょうの室内(↓)。
壁際にいくつかものが増えました。

白い背の高い扉収納の上にかごも増えました。
買ったわけではなくて、
ほかの場所から移したんです。





先日の取材の際、
思いついて、窓辺の台の上の本を、
台の下にしまいました。





不便かな?
どうかな?






ちょっとしたきっかけで、
出したり、しまったり・・・。




生活の動線が頻繁に変わるのは、
暮らしにくいと思っていて、
家具などは理由なく位置替えはしません。


でも、見て愉しむものは、
その時々で置き場所を変えます。

しまっておいたものを出したり、
出してあるものをしまったりします。




これも新陳代謝。
気分転換。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2015-10-07
 
 
 アキアカネ?
 
 
きのうの朝、
河川敷で出会ったトンボは、アキアカネ?

色が赤くないです。
それにナツアカネというのもいるそうで・・・。







↓ こちらは2年前、同じ場所で出会った赤トンボ。
たぶんアキアカネですよね?





河川敷を歩くことで、
ほんとうに興味の世界が広がっています。

世界旅行に行かずとも、
近くで見つける知らない「世界」がありますね~♪
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-10-08
 
 
 摘んではいけない花でした
 
 
青い花。
最近、森や川ベリで見かける花。


摘んできました。


萎れていましたが、
湯揚げをすると元気になりました。


でも・・・、
花はどんどんしぼんで

苞っていうのかな?
花は、その日の夕方には、
苞の中に隠れてしまいました。








「露草」でした。






私は、なまえは知っていたけれど、
どんな花かは知りませんでした。

知ろうとも思っていませんでした。


しかも、一日しか咲かない一日花なのですね。



多くの人が知っていたであろうことを、
私はなんにも知らずにいままで生きてきたんだな。。。


露草は摘んではいけない花。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2015-10-09
 
 
 器は自由に愉しむ
 
 
休日の夜。
テレビを見ながら、
ひとり、
ししゃもと冷酒。








来客とともに、ティータイム。
器は同じ。





器の用途は決めません。
自由に、
いろいろに愉しみます。



きょうの器に限らず、
6寸のお皿と蕎麦猪口は、
昼、夜、和に洋に活躍。


愉しみの世界が広がります♪
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2015-10-10
 
 
 ワンコインで、いつでもどこでも暖かい場所に♪
 
 
きょうは、
ワンコインでお部屋を暖める話です。




毎月、講座をする会場は白い空間。

先月のこと。
講座の会場へ向かっていました。


途中で、
「テーブルにお花を置こう」
とひらめき、
目の前のスーパーへ。


小さなスーパーで、
花束の種類は少ない。
時間もない。

花びんどうしよう?
隣に、100円ショップあり!





会場に着いて、
はさみがなく、手折って、
2、3分でマグカップに挿します。

できました!
お花のお値段は、398円。
マグカップ108円。


小さな陶器の猪口は会場の備品





↓  こちらは、先日の10月の講座で。
同じくスーパーのお花。
花束2種類で、510円でした。

黄色のぴょこんと飛び出している
カンガルーポーがアクセントに。





売り場では悩む時間なし。

会場では丁寧に挿す時間もありません。
それでも、払った短い花も愉しみます。

会場の備品のおちょこを使って、
お花をおさえました。






時間がない。
予算もない。
それでも大丈夫。


ワンコインでも
白いテーブルに彩りと
気持ちを添えたつもりです。


少しでも、自分なりの暖かな場所にして、
お迎えしたい。。。

そんな気持ちでした。





 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 > >> 


ページの先頭へ