2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2016-01-01
 
 
 あけましておめでとうございます
 
 





『暮らしはラクに楽しく/生活工房do!だより』を、
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





土井けいこ
生活工房do!/リビングスタジオ208 生活工房do♪
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2016-01-02
 
 
 今年の申年は特別なんです
 
 
ワタクシ、今年は人生何度目かの年女。




昨年末は、
『リビングスタジオ208』で
クリスマスのあと新年を迎える準備を整え、

慌ただしく、
自宅を離れました。


人生の大きな節目の申年を
特別な場所で旧知の人たちと迎えて、

きのうの夜自宅に戻りました。



自宅で留守番をしてくれたのは、
紅白の「お猿さん」。








出発前に自宅の迎春の準備は「お猿さん」だけ。

きょうは、
1年前のおせちの写真を見て(笑)、
静かなお正月。






新しい年を、
元気にスタートをきるため、
充電の時を過ごしています。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2016-01-03
 
 
 金銀、紅白でお正月を愉しむ
 
 
新年あけまして、
すでに3日目。


まだお雑煮も食べていないのですが。。。



そうだ!そうだ!
金銀の扇がある!

お正月ならではの金銀の扇、
愉しまなくちゃ。。。


サッと、廊下のクローゼットへ走ります。

年に一度愉しむものがしまわれてる場所から、
扇の箱を取り出し。。。

食卓のそばの壁に掛けてあった山帰来に
水引を合わせ
きのうの紅白のお猿さんをのせて
さっそく愉しみます。





扇を金箔から銀箔に替えます。







紅白のお猿さん、金箔銀箔の扇は、10年ほど前、
近所のアンティーク&リサイクルショップ「ワンダーランド」で出逢いました。









お正月にしか出さないものを出して、
一番いいと思う場所を探して。。。

その時間がお正月気分をじわじわ感じさせてくれます。


特別な年越しをして、
なにも準備ができずに迎えた今年のお正月ですが、

少しずつ、少しずつ
お正月気分になっています。



ことしも、
室内のあちこちで、
季節を愉しむことを心がけていきたいです。


だから、
年に一度しか使わないけれど、
ないと淋しい、あると楽しいもの。。。

例えば、クリスマスオーナメントやお正月を祝う品々は、
一か所にまとめてしまってあります。









追伸
去年のお正月、扇の上に乗った木彫りの十二支たちは、
昨年暮れから『リビングスタジオ208』に。



 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-01-04
 
 
 去年の積み残しの片づけが仕事始め!?
 
 
きょうが、
仕事初めの方も多いことと思います。


本日は、エンジン掛け始めに、
なんと。。。
去年の積み残しの資料の片づけをした話題です。





まずは去年、年末のいきさつ、
クリスマス前の資料の片づけ経過を紹介。



秋ごろから、
繰り返し講座で使う資料が
使ったあと元に戻せなくて、たまっていましたから、

なんとか年内に把握だけでもしようと、
取り掛かりました。




《片づけステップ1》
焦点は講座関係。

サクサク進めるために、深く考えません。
「講座?イエス!」=右へ。
頭の中に「講座???」と「?」が浮かんだら、
サクッと左「それ以外」へ振り分け。

考えても答えが出ないことは深堀りしない。
これ、3秒ルールの基本ですよ。






《片づけステップ2》 
右=「講座関係」を
「戻し場所あり」と「それ以外?」に振り分け、



左=「それ以外」も
「戻し場所あり」と「?」に振り分け。






戻し場所「?」の資料も、
一通り目を通してみたら、ザックリ把握できました。







クリスマス前の片づけは、
ザックリ把握が目的。


主目的の「講座関係」の資料も、
ファイルなどにしまえるように、
戻し場所別(目的別&ファイル別)にザックリ3つに分けて、
おしまい。






そうして。。。新年を迎えて。。。

本日仕事のエンジン掛け始めに、
暮れに、ザックリ仕分けてあった資料をファイリング作業。

「講座資料」を仕分けして、
2冊のファイルのポケットそれぞれに収めました。




去年の続きをしながら、
あ、そうそう。。。次に分かるように、
分けておいたんだったけ。。。と、
10日ほど前の自分に再会した気分でした。






ついでに、
未整理の雑多な紙ごみと思しき資料も片づけ。

探してしていた切り抜きを見つけたりしつつ、
今年の仕事のイメージが具体的になっていくのでした。





すっかり異次元に飛んでしまった頭の中を
仕事モードに切り替えるには、
資料の片づけは去年を振り返ることができて、
うってつけ。。。と思いました。

けど、本来、1年の振り返りは暮れにするものですね(笑)






1年前の画像から…スライサーが活躍する残り野菜のサラダ?
岩塩とオリーブオイル。にんじんはバルサミコ酢が合いました♪






【お知らせ】

■『暮らしの困りごと解決サロン@cafe kamaneko』
1月11日(水)・・・満席となりました

■『暮らしの困りごと解決ワークショップ in 埼玉深谷』(仮)
2月7日(日)①午前10時~12時半 ②午後1時半~16時
内容、料金、予約先などは後日あらためてお知らせします。
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2016-01-05
 
 
 今年はじめてのリビングスタジオ208で気がついたこと
 
 
きょうは、
今年はじめてのリビングスタジオ208でした。


暮れに、
新年に向けて、木彫りの十二支を木箱から出して並べて
スタジオをあとにしました。


きょう、並んだ木彫り十二支を見て、
「なんか変だなぁ?」。。。
あ!





しまってあった木箱の中は、
包み紙だけのはず。。。

確認したはず。。。

木箱を開けて、
包み紙の上から紙をグシャっと掴もうとすると。。。?

あれ?
包み紙の中に手応えあり!
紙包みを開けると、
ねずみと犬と猪が!






暮れに箱から出して並べたときは、
何にも感じませんでした。

木箱の中の包み紙を見ても、
気がつかなかった。

暮れのバタバタ感、
余裕のなさがよみがえりました。





毛氈に見立てた赤いフェルトは、手芸用品店で買ったアップリケ材料用





やれやれ。。。
場所は自宅からスタジオへと変わりましたが、
今年も十二支揃いました。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-01-06
 
 
 持て余していた帯&地味だった着物が、いまぴったり!?
 
 
きのう、仕事始めに着物を着ました。


ほんとうは、
色無地を着て、
それに組み合わせたい帯があったのですが。。。

空模様が気になり、
少々雨がぱらついても大丈夫なように、
紬にしまして、帯も別のにしました。



天気がよかったら着て行きたかった組み合わせは、
こちら(↓)。





年末のうれしい悩み事で結局着ることになった、
紫の色無地。

着たあとの手入れをどうしようかと
たたみ直しながら考えていたら。。。
閃いた組み合わせ。

なんと、好きだけど持て余し気味だった帯が、
還暦を前にしたいまの自分にピッタリ!?

大胆な色柄の帯で
控えめな紫の色無地が光るように感じます。




同じ洒落袋帯でも、こちらはかなり雰囲気が変ります。
略礼装の組み合わせ。

大晦日に着た組み合わせ↓ 悩ましかった着物選び








出逢ったとき、
好きだけどちょっと派手かな?と思った帯と、
地味かな?と思った着物が
いまの私を生かしてくれるのに気がつきました。


ものとの出逢いの意味は、
すぐにはわからないからおもしろいです。





追伸

昨年、仕事始めに着物を着たところ、
真夏も含めて、
季節ごとに着物を愉しむことができ、
年越しカウントダウンを
着物で迎えることができました。

50代前後、着物と大接近した数年がありました。
その日々から得たことを、
今年は、
着物を愉しみたいのにできないでいる方たちに、
伝える機会を作りたいと思っています。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-01-07
 
 
 すでに手にしているものの魅力に気がついているか?
 
 
きのうの続きです。


紫の着物をきっかけに、
私の頭の中の『着物』の引き出しが次々に開きます。


目の前にあって、
手を触れていたのは紫の着物なのに、

なぜか「縞の着物」が気になります。
そうしているうちに、
「あ、あの帯!」
と、不意に浮かんだのが深緑色の帯。


着物熱時代の最後の頃に出逢った帯は新古品で購入して、
そのまましまわれていました。
輪奈ビロードのはず。






着物は、
3年前だったか。。。
自由が丘(東京)の駅前商店街で、
隙間時間にのぞいたリサイクル着物店で出逢ったもの。

好きな色の縞柄。
たたんだ状態で手にすると軽い。
もしかしたら紙布(緯糸)かもしれない。

一カ所ポツンとシミがある。。。
5千円でした。




縞の着物は、軽くて着やすい。
着るとまわりの人が「いい!」っていいます。

それなのに、
一点シミがあるとか、安かったからとか。。。
そういう理由なのか、
真の良さに気づけないでいたような。。。




きのうの紫の着物とか、
きょうの深緑の帯とかは、

組み合わせによっては、
とても魅力的になるのに、

その組み合わせに気づかずに、
活かせずにタカラノモチグサレ状態にしていました。

実は、
昨日の紫の着物も帯も、
きょうの縞の着物も深緑の帯も、
手放しかけたことがありました。



何か自分の価値観にバイヤスがかかるような気がします。
価格とか難があるとか、単体で素っ気ないとか。。。

もののよさに気がつく力が弱いから、
斜めからの圧力を受けてしまうんだろうか・・・。

だから、「好き」という感覚に素直に従えないのかな?
買ったときはその感覚があったはずなのに。。。




再び着物に手を触れる回数が増えてきて、
いろんなことに気がつきます。


すでに持っているものの魅力を再発見したいと思います。
存在さえも忘れているものがあるはずです。


着物だけじゃない。
手持ちのものを、しっかり見よう!
ていねいに手を触れよう!

あれ?
これはものだけの話じゃないかもしれませんね~。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-01-08
 
 
 オリーブの実を食べたのは誰?
 
 
うちのベランダのオリーブの木。

1年前にはたくさん実がなったのに、

昨秋(今シーズン)のオリーブの実は、
10粒に満たなかったのです。
これでは、
野鳥のための食べ物が少な過ぎます。



冬になって、
ドンドンしぼんで(野鳥にとっての)食べ頃に。



年が明けて、
留守にしていた自宅に戻ると、
食べごろのオリーブの実はなくなっていました。

誰が食べたんでしょう?



食べられた実・・・撮影/昨年10月27日



ベランダが汚れている?
黒っぽい汚れは、野鳥の足跡らしい。



オリーブの実を転がしながら、
脚で潰して食べた跡?
千鳥足?
1メートルくらい隣との仕切り壁まで、
足跡は続いていました。




なかなか熟さなかった最後のひと粒。


撮影/11月24日


このあと、次第に熟して。。。



足跡を見たあと、
最後のひと粒が残っているのを確認。

熟すのが遅かったから、
まだ当分は食べられないはず。。。


しかし・・・
翌日見ると、「ない!」
いくら探しても実はない。
なくなっていました。





暮れに近くの山で採ったそよごの枝と実。
まだ、ベランダでバケツに浸けてあります。



「野鳥」は、これも食べに来ているらしいです。




ちょうど、1年前。
ベランダに現れたイソヒヨドリ。




オリーブの実を食べたのは、
イソヒヨドリですね、たぶん。

最近見かけないのは、
私が留守がちだから、かな?
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-01-09
 
 
 ベランダで真冬にあじさいが!!
 
 
冬のベランダにあじさいです。

しおれかかっているのに気がついてあわてて水遣り。
復活しました。




秋になっても咲いて、季節感がない・・・
なんて思いましたが、

まさか真冬にあじさいだなんて。。。



半年前に買ったあじさいが咲き続けています。
半年の色の変化を追います。


去年7月/買ったときは水色がメインでしたがひと月経って黄緑が増えてきました



9月…



11月…







今日のあじさいです。






このまま
「冬を乗り越えられたらいいね」


雪が被ったら大変です。
置き場所を変えなくちゃ、ね。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-01-10
 
 
 2か月半ぶりのキッチン掃除、気持ちいい~!
 
 
先日、ようやくキッチンの掃除ができました。


並列タイプの我が家のキッチン。
フルコース掃除はコースが決まっています。


順を追って、掃除の経過をレポート。

まず調理台の上やシンクの中に洗い物があれば
洗い物をして、水切りかごへ。

調理台が空いたところで、
シンク背面の冷蔵庫サイドのカウンターの上のものを
全部調理台に移します。

さあ!ここからが拭き掃除の始まりです。




冷蔵庫の上、
ハンギングバー、フックも拭きました。


スッキリしたところで、
調理台に移したものを拭きながら
カウンターに戻します。



水切りかごのものをふきんで拭いて・・・、
食器棚(写真手前の棚)など所定の場所に片づける前に
一時置き場に置いて乾燥。





今度はシンクまわりのそうじです。

拭いた食器、道具類の乾燥待ちの間に、
外したコンロの五徳、湯沸しポットなどの汚れに
炭酸塩スプレー(重曹小さじ1をお湯200mlに溶かして作った)を吹きかけて、
汚れをゆるめて、
シンクサイド、調理台やコンロまわりの拭き掃除。


ステンレス調理台、コンロにも炭酸塩スプレーを使います。
これ、セスキスプレーよりアルカリpH値が高いので汚れがよく取れます。
(アルカリpH値が高いのでデリケート肌の方は注意)

アルカリで拭いあとは、
クエン酸を水に溶かしたスプレーで、
アルカリの白残りを中和して拭き取り、スッキリ!


ポットの外側は、
ハイネリークレンザーをあみたわしにつけて軽くこすると、
ピカピカに!
五徳の汚れはこびりつきで取れず。
あとでもう1回トライ。

取れない汚れは1回で取ろうとしない。
これ掃除嫌いにならないポイント。


食器や道具も所定の場所に戻して、
毎日頻繁に使うコップなどだけカウンターの端に『出して置く』。



あ~、なんて気持ちがいいんでしょ。




バケツの中は、ふきんを煮洗い中。




湧いたところでコンロから降ろして
酸素系漂白剤を振り入れふきんを混ぜて、放置。

漂白が進む間に、
シンクの中や排水口の中、水切りかご、ゴミ用のザルも
全部洗って。。。

ふきんをすすいで、シンク内を乾拭きして、
ふきんを干して、スッキリ!





ほんとうは、食器棚も拭き掃除したいけど、
3分でできるけど、
くたびれたので、次の機会に。

ここでムリをすると、掃除がイヤな作業にになってしまいますから。


そうそう、
収納の扉、中、床とか、換気扇とレンジフードも
汚れているけど、これも次の機会に。



暮れにできなかったことがようやくできました。
あ~、気持ちがいい。


10月末以来のフルコース(残っているけど)掃除でした。



ほんとうは、
毎日寝る前とか、朝一番とか
使う度に掃除して、
日に1回フルコース掃除したらいいんだけど。。。

 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2016年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < 1 2 3 4 > >> 


ページの先頭へ