2016年5月のリニューアルまでの「do!だより」です。


 



新しい「土井けいこのdo!だより」はこちらから!!



2016-05-18
 
 
 片づけができるうれしさ
 
 
今朝、
4日間続いた原稿書きの仕事が
ひとまず区切りがつき、
ひと休み?

ではなくて、いよいよ片づけに着手!
待ちに待った時間到来です。


キッチンの引き出しの仕切りを作ったり、
掃除をしたり、
雑然とした場所を片づけたり。


日が暮れかけて、
リビングが整っったところを
写真に撮ります。






昨日の朝
近くの森で積んだ野草です。

お目当ての
どくだみの花とは出会えなかったけど、

地味な野草もいいものです。




パソコンばかりに向かう日が続くと、
私はだめになってしまいそう。

考えをまとめる作業は
とても意味のある時間なんですが、

もっと感覚的に・・・?
なんだろう?
手が考える?

五感がどんどん活性化する
手と脳みそがつながる時間。

手を動かしながらの
クリエイティブな時間がほしくなります。

片づけって、
クリエイティブな時間。
本当ですよ〜。




今朝まで抱えていた原稿は、
リニューアルする
「暮らしはラクに楽しく」の中の文章。

今晩リニューアルオープンの予定でしたが、
何度目かの延期!?

たぶん明日とかにはオープンかな?




今週末、
日曜日は久しぶりの自宅講座。

フクダ・ロングライフデザイン主催の
通年講座最終回です。


それもあって、
あちこち片づけたいところがあるんです。
でも、片づけ気分はちょっとおあずけ。


明後日、
椅子の座面レザーの張替えが
できたらいいな?


その前に、
ウェブサイトのリニューアル
オープンになるか!

自分で締め切り作るって
難しいです。

でも確実に近づいてきています。


今日は原稿の締め切りから
久しぶりに解放さてれて
片づけができるうれしい日でした。


そして、
とてもくたびれたのでした〜。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-05-17
 
 
 森へ出かけて気がついた
 
 
今日は
久々に近くの森へ行って
気がついた話です。



朝起きてすぐ森へ行こうと準備をしている間に
なんだかんだと
現実問題がいろいろと。。。


あ~イヤになんんちゃう~
と思いながら

久しぶりに近くの森へ♪


森へ着くと
お目当てのどくだみの花は
影も形もなし。。。。


山桜は
森の入り口に実がなっているものの

森の奥へ行ってみると
去年見かけた大きな桜の木に
サクランボがた~くさんなってるのが
見つけられず。


新しいカメラを試しに行ったものの
それもそれほど成果なく。


いつでも見かけた
ヒメジョオンさえどこにも見当たらず。


しか~し!

そんな中咲いていた
去年も見かけたおなじみの黄色い花。




あれはたしか
オニタビラコ?


↓ 一年前うちの近くの道端で咲く姿。





調べてみたところ、

ジシバリでは?
それはタンポポに似ているっていうから

去年オニタビラコって思ったのがジシバリでは?



結局、今朝森で見かけたのは
なんだろう?

オニタビラコ?
ジシバリ?
ハナニガナ?

ハナニガナじゃないかな?






去年もいろいろ調べたつもりだったけど、
間違って覚えたみたい?


個人が勝手に間違えるのは
仕方がないけれど、

そうだと思って
間違っていることに気づかないで
「ここ」に書くと
間違ったことを人に知らせてしまうのです。

間違いを知っている人はハラハラします。


花だけ見ると似ていて間違える。

葉っぱやそのほかあちこち総合的に見ると
違いがわかるようです。

「同定する」ってすごいですね。


視野が狭いといろいろ思い違いをするのです。
あと、
調べる狭さも間違いのもと。
確認が足りないってこと。




今日は森へ行って帰って、
花の名前を調べて、
そういうことに気がつきました。


野草に興味を持って2年です。

間違えてはいけないけれど
いろいろ間違えながら
調べ方も覚えていきます。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-05-16
 
 
 一気に片づけを進められない理由
 
 
今日は
片づけは一気には進められなかった、
という話。


先月22日にリビング&ダイニングの
収納家具の扉と天板を替えましたが

古い扉を室内に置いたままにしていたのが
ようやく片づけられました。





元の扉は、
裏を収納に使っていました。





扉を閉めるとわかりません。









古いもの扉を処分するために
まずは収納物を外します。

この作業があるため
なかなか片づけられずでした。


外してもわかるように、
元の扉ごとに分けます。



使い古しのジッパー付き袋にまとめます



ここから一気に新しい扉に収納・・・
といきたいところですが、

仕分けをしていると
今までの使いにくさを解消して

もっと使いやすくするには・・・
などと考えて、時間切れでした。


古い扉は
とりあえず資源回収に出すまで
「不用品?集中管理ステーション=押し入れ」に保管。

扉裏のもろもろの収納物も
紙袋にまとめて仮置き。



プラスティックの籠の中はここが置き場所のいろいろ


本当は一気に進めたい気持ちもかすめながら、
ほかの仕事に戻らなくてはいけないと
ブレーキを掛けました。


次への課題を広い出しながら、
まずは長いこと
室内に置いたままだった扉が片づけられました。


前は行きがかりの扉裏収納でしたから、
今度は計画的に進めたいです。

それが得意かどうかは別にして(笑)。


片づけにとれる時間が限られていて、
一気に進まないけれど、

それがよかったと思えるような
次のステップにしたいです。


外す。
仕分けする。

と、収納=道具を使った工作的な作業は
使う脳の部位が違うそうですから

別の日にするのがいいのかもしれないとも思いました。


なんであれ、
一気に進められないことも
よしとします。
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2016-05-15
 
 
 やたら編みの籠の新たな愉しみ方
 
 
ふきんをしまう籠の買い替えの話を
前にしました

ついに無印良品ステンレスワイヤーかごを購入。
キッチンに並べてみて
迷っていた理由がはっきりしました(苦笑)。

ステンレスワイヤーかごが並んだ景色が物足りない。

ふきんが入っているやたら編みのかごの感じが
好きだったんです。

迷うのには必ず理由があるんですね。

それでも実際に
並べてみないとわからないこともあり、
案外いい「いい」という場合もあります。

まあ、それで思い切って実行したんですけど〜。




ステンレスワイヤーかごがキッチンになじむまで
写真は待ってくださいませ。




さて、
空いたかごはどうする?

ふと、窓辺にどうかな?
と思い置いてみました。









食卓の座った位置から
ズームで撮ってみました。




パッとしない写真。ちらりと写っているのが新しいカメラ。




籠に高さがないのでかごの手前に影ができませんよ。
いいかも?

あり合わせで3種類の植物を入れてみました。


かごの持ち手を入れずのサイズは
27センチ×20センチ×11センチ。

かごの周りのものを整理して、
窓辺の景色になじませてみようかと考え中。

植物は何がいいだろうか?


そして・・・、
まだ2つある残りのかごの使い道も考えてみます。

そうなんです。
キッチンの棚で3つ並んでいる景色が好きだったんです。


でも洗えないかごはふきんの収納には向かないから
仕方がないな~、
と18年も使って今頃思っています(笑)。



やたら編みのかごの新たな愉しみ方を見つけます~。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-14
 
 
 片づけのタイミングがやってきた!
 
 
今日はうちの「不用品管理ステーション」のモノを
片づけるタイミングがやってきた話です。



活かせるように手放すには
受け取った側が「これはうれしい」と
思っていただけるかが基準。

とはいっても、
あくまでも自分の価値観が基準だからなかなかむずかしい。

そこで、一か所=NPO直営のリサイクルショップに
引き受けていただけるかを焦点にしました。



大きな紙袋3つにまとまりました。
1つは割れ物。
運びやすいようにガラスや陶器を新聞紙に包んで紙袋に。

2つ目はキッチン小物&日用雑貨品。
雑貨品は未使用のものを中心に。

3つ目は衣類。
自分が着たいと思いつつ着ない(着られない)モノを中心に。





ゴミとして処分するのは
左端 ↓ の白い小さな紙袋。








パソコン仕事とカメラ撮影とほかの片づけ、仕事も並行して

食べかじりのような
今日の仕事の仕方でした。



忙しさにかまけて、
押し入れの「不用品?集中管理ステーション」に
雑に突っ込んで…
それを押し入れ前に出したのは春…。

梅雨入りの前に、
ようやく本日仕分け完了。


うちからモノがなくなったわけではありませんが、
長く放置していたモノの仕分けができて
ほっとしています。

多くの方は
家からモノをなくすことを目的に片づけるようですが
それも片づけの目的?

たしかに不用なモノを手放すと気持ちがいいですが、
私は自分の手でしっかり仕分けすること、
そこにも大きな意味がある、と思っています。




熊本の地震からひと月。

壊れてしまった暮らしを
期限が切られて
どうしようもない思いで
諦めることを迫られた人の気持ち

いまだ片づける気力がわいてこない人の気持ち

それを思うと、

全然次元は違うけれど
自分のタイミングで片づけられることを
ありがたい…と思うのです。


21年前、
私も片づけに向かうことができなかったから。





《追記》
今回処分の対象にした白い紙袋の中には、
思い出ものがあれこれ詰まっています。
30年取り置いたものもあります。

相手の顔が浮かび、あの旅のあの場所…と思い浮かぶ…
それでも「もういいかな~?」と想いました。
それでいいんじゃないか…と。
タイミングって
特に理由はなくて時間が教えてくれたりします。

思い出がつまったものを
今回、あえて「可燃ごみ」に出します。
できたら「とんど焼き」にしたかったけど、
それを待っていたらまた月日が経ってしまいますから、
こういうのもタイミングなのです。
 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2016-05-13
 
 
 久しぶりの食器棚
 
 
今日も新しいカメラで撮った写真です。


気がつけば
キッチンの棚に出してある食器たちの撮影、
とても久しぶりでした。




↑  お皿・小鉢類は、基本は2枚。
それでうちは十分。


去年6月に買った柄違いの2つのこげ茶の丼鉢は、
買って早々に1つ割って、縦シマだけに。

白い入れ子の鉢は、
1つヒビが入っているので、
直しコーナーにあったのに

いつの間にか直さないまま
キッチンに戻っています。

そこしずつ新陳代謝があるものの、
相当定着している感じ。



久しぶりに毎日のように使う器の写真を撮って、
絞られすぎていて、
新鮮な存在に刺激を受けたい気がします。

6寸くらいのお皿が欲しいです。


たまには写真を撮って、
客観的に見ることも必要ですね。




 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-05-12
 
 
 新しいカメラで初投稿です
 
 
本日は、
新しいカメラで撮った写真公開!


使い方がチンプンカンプン(笑)

わからないことにぶつかるたび
取扱説明書とにらめっこ。



や~、最初の難関がすごかった。

写真が真っ暗で撮れないって、
つらい。

気が付けば、レンズカバーつけたままでした(笑)



そうこうするうちなんとか撮れるようになり、
あちこち触って
ボチボチ試行錯誤中。





↑ ちょっと「あたたかみ」を効かせ過ぎました?


新しいカメラには
いままでにない機能がいっぱいです。




取扱説明書を読まずに使い始めたい
私のような者でも

どうしても「これを撮りたい!」
というおもいがあれば、
難しいこともチャレンジするもの?


じつは避けて通りたい。

なのに
その向こうに私のほしいものがあるから

苦手でできれば読みたくない
読んでも意味わからない取説を
必死に読むのでありました(笑)



もっとわかるようにしてくれないと
本当に困るのです。

もう~~~、やんなっちゃう~!



それでも
リニューアルオープンのウエブサイトに使う写真を
今日から激写開始?



リニューアルオープンは
ちょっと足踏み中。

数日後には切り替わります。
よろしくお願いします!


とにかくカメラに触って使って慣れます。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-05-11
 
 
 ものが増える、という困りごとを解決する
 
 


今日は
「暮らしの困りごと解決サロン@かまねこ」でした。

参加者の困りごとの中に
「子どものおもちゃが増える…」というのが。

モノが増えるのは
意味がなくなったモノを放っておくから。

そこで、
「ごちゃごちゃ解消」の
3秒ルールステップチャートを利用して

思い出のものを大切に残して
意味がなくなったモノを気持ちよく手放す

4つの山で管理する方法を提案。
 



今日は、
「モノが増えて困っている」方に、
おもちゃを例にたまったモノの整理法をお伝えします。



まずは、
「動き」に焦点を当てて、
お子さんが「《今》遊んでいる?」と問いかけ、

《イエス!》=右
3秒以上考えそうになったら
《それ以外》=左
に分けます。

捨てるものを3秒で決めるわけではありませんよ。
考え込んで消耗しないための3秒ルールです。
 
 
そのあと《それ以外》を
「状態」に焦点を当てて「状態はいい?」と問いかけ、
同じように《イエス!》《それ以外》振り分け。

これは
どなたかにお下がりするなど
生かす手放し方につなげるためのステップです。


最後はそれぞれ「気持ち」に焦点を当てて、
右と左に分けます。

これは
後悔をせずにモノを気持ちよく手放し、
思い出を大切に残すためのステップ。


ごちゃごちゃが4つの山に分かれました。

A=状態がよくて残したいモノ
B=状態がよくて手放せるモノ

C=状態が?で残したいモノ
D=状態が?で処分できるモノ

Dは早く分別回収へ。

A、Cはそれぞれの枠を決めて、
3秒ルールを繰り返して
管理しやすい量に絞り込みますが、

思い出のものを間違って手放さないように、
何度も手を触れて気持ちを確かめて。

Bも手にとって気持ちを確かめながら
無理をせず
喜んで受け取ってくれる人の元へ。
 

新しいおもちゃが入って、
あふれそうになったら、
3秒ルールの実行タイミング。

新陳代謝で、
新しいモノを取り入れて
不用になったモノを抱え込まない

意識を育てていきましょう。




さて、私の話です。
最近パソコンが壊れて買い換えました。



仕事絡みの取扱い説明書をしまったボックスの中に、
壊れたパソコンの取説が入っていますよ〜(笑)。

機器が入れ替わった のですから
古いパソコンの取説も処分です。




意味がなくなったモノを放っておくと、
しまい場所は満杯になります。

…ということは、
取説のごちゃごちゃ解消の初めの問いかけは、
「不要=ゴミ?」ですね〜。




 
 
  残す、手放す
 
 
 
 
2016-05-10
 
 
 「わかるようにしまう」過程
 
 
今日は改造したスタジオの押入れを
どう使うかを例に

大きな空間にモノをしまうとき、
どんなことを考えるか
収納スペースを使いこなす過程を書きます。




スタジオの中棚を外し
奥行の浅い棚を新設したのは、

コート・上着、DIY道具・材料、お掃除講座の道具など
いろいろな形、大きさのモノを
扉を開けたら全部見えるようにしまいたい
と考えたから。




↑ 奥行30センチの棚。棚は浅い方がたくさん入らないからいい


 

まずは、
出し入れのしやすい高さに
バンカーズボックス(白い箱)を先に置き、

あとは手持ちの容れ物を仮使いして
棚二段にあれこれを仮収納。



コンテナは屋外でも使えてベンチにもなる無印良品の。
中の仮収納のモノが片づいたら自宅のベランダで使う予定



仮置きの正面の白い段ボールはプリンター。
クローゼットの中で
プリンターが使えるように台を作らないと。



課題をひろいながら
しまいたいモノを点検しつつ

頭の中では
わかりやしすいモノの「くくり」を探しながら
収まりのいい容れ物もあれこれ考えます。

手を動かしモノを確かめながら考えると
だんだんアイディアが浮かんできます。

まずは、収まりました。


先日も書きましたが
見た目きれいな収納を目指してしまうと
あとでわからなくなります。


どんな小さなスペースでも
あとで「わかるようにしまう」ことは
欠かせないポイント。

大きなスペースは
特に詰め込まないように注意します。





《追記》
クローゼットのしまい方の記事を5/10に掲載予定が
考えをまとめるにはエネルギーが足りず(苦笑)
今日になりました。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-05-09
 
 
 華やかなな名前の花への偏見
 
 
今日は、
華やかな名前の渋い花、
うちのクリスマスローズの写真です。




去年の今頃、
花が咲き終わってベランダの隅に放った鉢。

この春、
いつの間にか花を咲かせていました。


そろそろ最後。
切り花にして室内で愉しみます。

種類はいろいろあるようですが、
これはかなり地味な花では?







去年初めて鉢植えのクリスマスローズを買って、
今年も買いたいと思っていたんです。


ずっと花屋さんに行く機会を狙っていて

やっと先月花屋さんに行くことができて。。。
しかし店頭にはない。

それもそのはず。
去年の2月に買ったことをすっかり忘れていました。

2月に買う花だった。


シーズンも覚えないくらいですから
クリスマスローズについて
詳しいことはわかりません。

なんとなく見ていると
花びらではなくて、ガクのよう。。。

と思って調べると、そうらしい。


だいたい名前がよくない。
「クリスマス」と「ローズ」ですよ。

華やかなイメージ。
勝手にそう思い込んで、
花を知ろうともしなかったんです。


お庭で咲くクリスマスローズの切り花をいただくようになって
道端で咲く存在にも気づくようになり

じつは野草の趣のある花だと知りました。


名前からの勝手なイメージで
花を見ようともせず。



偏見だったと気がついて
あ~、もっと早くに
素直に関心を持っていたらよかった
と思っています。

偏見は世界を狭めるのですね。






《お知らせ》
5月9日に予定していた
『暮らしはラクに楽しく』のリニューアル、
都合により延期になりました。

数日は今まで通りの『do!だより』を
よろしくお願いします。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-05-08
 
 
 容器の重さに気づくとき
 
 
今日は、
予定を変えて容器の重さのことを書きます。


…というのも、
好きで買って、
20年も使ってきた
ガラスの容器の重さを感じた瞬間があったから。









四角い容器の重さは846g。







長年のお気に入りに疑問を持つきっかけを作った
丸い容器は382グラム。



容量の違いはさておき、
容器の重さだけで、
すごい違い。

おまけに容量が四角い方があったから、
目いっぱい入れたら、その重さの違いは?


なんだかね…、
そういう重さが気になる年頃になったんですね~(笑)。



容器のすごい重さの違いに気づいて、
さらにいろいろな気づきがありました。

四角と丸では持ちやすさの違いが。

まあ、手のひらでつかみやすいのは
四角より丸なんですが、

丸より四角の方がかっこいいと思って、
いやいまもそう思っていますけど、

「四角が好き!」という感覚に押されて、

重さだけでなく持ちにくさも、
感じなかったんですね~。



ちなみに、
丸い容器チャーミークリアは
本体のガラスの厚みの違いだけでなく、

ふたが樹脂製なので、
より軽いんですね。



きのう予告していた
スタジオのクローゼットの
収納後の話と写真はまた明日。






《追記》

明日は、リビングスタジオ208で、
『小さなお店の困りごと解決サロン』です。

明日リニューアルオープン予定の
この『暮らしはラクに楽しく』。
さて、どうなりますか。。。

明日の夜になっても変わっていなければ、
ワタクシの力不足。。。

デザイナーさんの作業は着実に進んでいるんですけど(苦笑)。



《お知らせ》

『暮らしの困りごと解決サロン@カフェかまねこ』
5月11日(水)10時半~13時半

お問い合わせ、ご予約は、
申し込みボタンからお願いします。
 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-07
 
 
 一気に片をつけてはいけない
 
 
きょうは、
『リビングスタジオ208』で仕事。


10時から13時まで
講座『暮らしの困りごと解決サロン』でした。

『暮らしの困りごと解決サロン』は、
講座の中盤から「片づけたくなる」
という声が聞かれるんです♪

最後には、
「家事が楽しくできそう」など、
嬉しい素敵な言葉がいくつも聞かれました〜。




さて、
講座のあとは1週間前にプチリフォームした押入れの片づけ。




幅約120奥行70の押入れを
中棚撤去して棚とパイプを新設してクローゼット化。




↑ 半年前。
ぞんざいな写真の撮り方を見ても愛がないのがわかりますね〜(笑)



収納物を全部出してしまいなおすのですが、
ただ片づいた状態にするわけではなく、
目指すのは「わかる」状態にすること。

扉を閉めても、
だいたいどのあたりにどんな「くくり」のものがしまわれているか
頭の中に地図が描けるようにしまうのです。


一気に片をつけることはしません。
収納スペースと手持ちの収納ケースを使いこなしながら、
どういう「くくり」でしまうとあとでわかるか考えながら、
淡々と進めました。

しまわないもの=自宅に送るものと
段ボールなどのゴミをまとめて、
2時間半ほどかかりました。



勢いで一気に片づいた状態を目指して片づけると
あとでわからなくなります。

一気に片をつけてはいけません。
見た目きれいなだけの収納もNGです。

そうそう、講座の受講生のかたが、
見た目きれいな片づけをしていたそうで
すぐ元に戻ってしまった原因がわかった!
と、言われていました。


しまったあとの写真は明日掲載します。
 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-05-06
 
 
 片方だけのイヤリング その2
 
 
きのうの続きです。



片方失くしてしまって
悲しいまま取り置かれていたイヤリングの片方が
ペアによみがえりました。



直径1センチほど



サンプルを送ったあとのやり取りで
私が持っていたのは「4°C」のものとわかりました。
内側に刻印でわかったのですが、
私はどこのものか忘れていました。

若いころ、
そういえば時々お買い物したことを思い出し、
なつかしい気持ちに。






再現していただいたほうの裏側には
作家さんのお名前があります。

作家さんは、
ジュエリー作家和井田千絵さんです。
あとりえSAKANA というブランドでお仕事をされています。


刻印は「Chie」 制作費は約1.5センチ片方 材料込みで一万円

和井田千絵さんと出逢ったのは、
「色えんぴつサロン」。

私の絵の師匠のお友達。
それで絵の教室に遊びにいらしたんです。

2回目に「色えんぴつサロン」でお会いしたとき、
片方だけの銀のイヤリングの話をしたような?
しかも自分で銀のアクセサリーを作ってみたい…
と話したような?

和井田さんが「やりましょか!」と言ってくださった。
けれどそのときは時間がなくて、
私はバタバタと教室を後にしたのでした。


その後、
リビングスタジオ208でカフェをしたときも
遊びに来てくださって、
印象はとても気さくでチャーミングなかた。


「鑑定士ではありません(笑)」といいつつも、
宝石、金属のことに詳しくて、
このたびのリフォームについてやり取りをしているときも、
いろんなことを教えていただきました。


銀は時を経て細かなキズとともに色が柔らかくなり、
素材感が増すのが魅力。

和井田さんのお師匠さんもそういわれたそうで、
私の銀という素材に対する想い、
失くしたイヤリングへの想いも受け止めてくださって、

なんだかしみじみうれしい出逢いとなりました。


なんとなく取り置いたのですが、
ちゃんと残しておいてよかったなあ~、
と思っています。






お知らせ~和井田さんのブランドが阪急百貨店に出店します

◆2016年 5月25日(水)~31日(火)
阪急うめだ本店10階
『うめだスーク』
南街区スーククローゼット

百貨店のイベントへの出店に向けてただいま超多忙とのこと。
お手持ちの宝石・アクセサリーの
リフォーム、リメイクのお問い合わせは、
イベント終了後6月になってから受け付けていただけるそうです。
オーダーも教室もOKです。
 
 
  人とのつながり
 
 
 
 
2016-05-05
 
 
 片方だけのイヤリング その1
 
 
私はイヤリングが好きです。

きょうは、
失くしたイヤリングの片方が再現され
本来のイヤリングとしてよみがえるいきさつの前編です。




片方だけのイヤリングコレクション(笑)を記念撮影。



カメラのピントがイヤリングじゃなくて布に(苦笑)


淡水パールがポイントのを買ったのはいつだったかな?
たぶん21年前、1994年の晩秋か初冬?
阪神・淡路大震災の前、神戸に住んでいたころかな?


水晶のは7年ほど前?
買ったその日に片方落として割ってしまった・・・
悲しい記憶が鮮明に蘇る。。。


左上の輪のイヤリングは、
10年位前、
失くしたことに気が付いたときのショックをいまも覚えています。

とてもとても好きで、
失くしてからずっと
シンプルな形ですからどこかで出会わないかと、
ショップの店頭で探す気持ちでした。

でもなかなか出逢わず。。。





先月半ば、
ふと、あの人=作り手さんに訊いてみようと思い立ち連絡。

話はトントンと進み、
その日のうちにサンプル=片方のイヤリングを送ることに。

私が取り置いた想いも届いたようで、
ていねいに見ていただいて、何度もやり取りを重ねました。

もしかしたら失くした片方を
再現してもらえるかもしれない。。。

そう思ってワクワクしていた
…その数時間後、熊本で大きな地震が。。。


連絡のやりとりが止まって、

わたしはそれどころではなくなり、
落ち着かない日を過ごしていました。


4月が終わろうとするころ
連絡すると
なんと!すでに片方制作完了!!

ペアになってるらしく、
数日後に引き渡していただけることになりました。





先月は、
収納家具やスタジオのプチリフォームなど、
専門家の力を借りる機会が何度かありました。


そのとき感じたのが、
依頼する側の気持ちを汲んでくれるかどうかです。

汲み取ってくれる方とは、
できあがった喜びを共有できます。

うれしさを共有して、
私の喜びも何倍も何倍も膨らむんです。



その反対も経験したからなおのこと、
片方のイヤリングの再現はうれしかったのでした。




(明日に続く…)


 
 
  モノとのつながり
 
 
 
 
2016-05-04
 
 
 小さな不都合の解決?ただの気分転換?
 
 
きょうは、
ちょっと気分転換で、
小さな不都合の解決を試みた話です。




キッチンシンク下の扉を開けると
酸素系漂白剤と
クリームクレンザーが入った容器が目に入りました。


先日4/23に紹介したチャーミークリアという容器。
これはすごくいい。

そうすると。。。
気になるのがWECKの容器(左の小さなガラス容器)。

WECKの蓋はいくつかタイプがあるけど、
この場合、
ジャムの密閉用のガラス蓋をクリップで留めずに
ポンと乗せて密閉せずに使っています。

なのでときどき中のクレンザーペーストが
乾燥するんです。

この話も前回書きましたね〜。







元々
クレンザーペースト
=「米ぬかハイネリー」の容器の蓋が
サッと使いたいとき開けにくいので、

それでポンと乗せるガラス蓋のに小分けにしたんです。






思いついて、
「チャーミークリア」に詰め替えてみました。
気分転換です。









引き出しの横幅には、
チャーミークリアは2つ並ばず。
惜しい〜?

クエン酸を使うときは、
余裕があるときだから
重ねても大丈夫かなぁ?




「チャーミークリア」は
蓋の形状が重ねられるようにできているので
トレイを引き出してもズレなくてがしっかり重なっています。
引き出したときのスッキリ感はいい感じ。。。

あ、話がズレてきました(笑)。


大事なのは
濡れた手でも
クレンザーの蓋をサッと開けられるかどうか、です。



しばらく使って、
使い勝手を確かめてみます。


暮らしの不都合の解決策は、
こんな具合に、
気分転換にちょこっと手を動かして、
それまでと違うことを試す中から生まれるんです。


 
 
  『出して置く』『しまって置く』
 
 
 
 
2016-05-02
 
 
 キッチンがだんだん愛おしい場所に
 
 
きょうは、
『リビングスタジオ208』の
キッチンの隙間を繕った話です。



入居時、
ドロドロに汚れていたコンロ・シンク前のタイル。

知人が掃除を手伝いに来てくれて、
ピカピカにしてくれました。
それが去年の10月29日(↓)。





そして。。。それから半年後の先月29日。
いくつものステップを踏んで、
ついにキッチンが生まれ変わりました。


でもきょうは、
キッチンの写真じゃないです。
つなぎ目の繕いのことを伝たいから。




半年の間、
充填剤を用意してありながら、
なかなか取りかかれなかった隙間を埋める作業。

それが、29日の午後、
キッチンが生まれ変わった
(正確には調理台下の扉を付け替えた)途端、
マスキングテープを貼って、充填剤を手にしていた私。




ほかの仕事を放り出して
黙々と作業。



だんだんコツを習得?



5カ所=5本の直し。
2時間以上かかりました。






半年あたためていたキッチンのプチリフォームが実現して、
安心したのかなぁ?
それで自然に身体が動き出したのかなぁ?



やっぱり、キッチンの写真出します(笑)。





スタジオがだんだん愛おしい場所になっていきます。

懐かしいこの感覚。
若い頃、3年暮らしたバングラデシュのキッチンも、
そうやって作っていったのでした。



一気にやってしまいたかったけど、
そうしなくてよかったです。

昭和レトロな建物で、
直すにも難しいことが多く、
一気にはできなかったんですけど。



先日は、隙間を埋めるのに時間を費やし
きょうは、目地の漂白を試みました。


キッチンが生まれ変わったのをきっかけに
積極的に関わり始めたのかなぁ?

関わるほどに
意味のある場所になっていくようです。


 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2016-05-01
 
 
 贅沢な時間♪
 
 
ついに5月ですよ〜(笑)。
こうして新たなひと月が始まるのですね。

泣いても笑っても、
月末の次は月初。



近くの河川敷を散策し、
ちょっとだけど、気持ちの区切りに。






隠れ家のようなコーヒーショップを見つけて、
窓の外を眺めてゆっくりと過ごし、
贅沢なひととき♪




きのう、締め切りとか期限がある仕事は頑張れるって、
書きましたけど

締め切りとか期限が済んだら何もないのかっていうと
そんなことはないわけで、次が待っていた(笑)


きょうは絶対休む!
と決めていたのに

コーヒーショップから戻ると
今日中にしておかないとあとの自分が困る
相手にも迷惑がかかる。。。と思い直して

きょうもやっぱり仕事になりました。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-04-30
 
 
 ハコベのように
 
 
4月最後の日。

どこでも、
連休の日数を訊かれるこの頃ですが
連休はありません〜。

いろいろな困りごとが解決したり、見通しがたって、
月の終わりを迎えて
休みはなくとも感謝の気持ち。

強がり?
そうかなぁ〜。
ほんとほんと。

ヨタヨタと
泣きながら足がもつれるようにではあるけれど、
なんとか辿りついた今月最後の日。

忙しいことは
ありがたいこと、と思っています。




熊本の都市ガスが復旧した
とニュースで知りました。



先が見えないしんどさは厳しい。。。
だから、
締め切り、期限のある忙しさは
大変だけどなんとかできる、と思うのです。



今月撮った写真を振り返ると。。。

忙しいとはいっても、
近くの川辺りを散歩したり、
道端の野草にこころを止める時間もありました。





↑  ちょっとピンボケですね。


カメラのズームで見ないと気がつけないくらい
小さな花はどこにでも咲いているハコベ。


その近くで咲いていたのは
サワハコベ?そうかな?





調べて見たら、
なまえにハコベとつく花はいくつもありました。


写真のハコベが咲いていたのは
台風のたびに増水して
めちゃくちゃになった河川敷。


排気ガスいっぱいの舗道の隙間でも
素敵なお庭の華麗な花々の陰でも
どこでも咲くハコベ。



自分も生きられる限り、
ハコベのように生きていきたいと思っています。
 
 
  日常を楽しく
 
 
 
 
2016-04-29
 
 
 『リビングスタジオ208』の困りごと解決⁉︎
 
 
この2日間、
『リビングスタジオ208』に通いまして。。。

ついにスタジオの、
キッチンとクローゼットの不都合が解決?






↑ きのうのスタジオのキッチン、リフォーム途中。
リフォームは業者さんにお願いしました。


まずは、
壁と床のリフォームで
昨年12月初めにスタジオオープン。


2月には冷蔵庫が入り、
今月に入って、
照明の困りごとも解決。

あ、照明の写真まだでしたね。
クローゼットも写真は次回に。


換気扇の効果とキッチンの美観。
キッチンワークスペース&収納
使いにくい押入れなどの困りごとがあり、

このたび、予定より3ヶ月遅れの
困りごと解決⁉︎


実はまだ細々改善することがあります。



きょうの私は、
目地の補修など細かな作業に没頭。

この先も、補修、ペンキ塗りなどが続きます。




ここまで来て思うのは、
愛おしいとおもえる空間、キッチン、クローゼットは、
だんだんとできていくんだなぁ〜ってこと。


そういうことも含めて、
「狭い!」「古い!」「汚れている!」
「快適じゃない!」

そんなかたの
困りごと解決のヒントになったらうれしいです。


5月になったら、
過程を必ずレポートします。






《お知らせ》
5月9日、ホームページが大きく変わる予定です。

雑誌別冊本の原稿の締め切り(発売は8月)
スタジオのリフォーム…と重なり、

ホームページリニューアルが遅れていますが、
この『do!だより』は、
新しいホームページでも続きます。

どうぞよろしくお願いします。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
2016-04-28
 
 
 住まいの不都合解決〜安心感を得る
 
 
昨日の続きです。


収納家具の扉つけ替えは、
キズや汚れのほかに、
プッシュラッチが
ちゃんとついていなかったのも理由の1つ。

うまくつけられず、
何度もつけ替えてネジがグラグラでした。







天板中央に黒く見えるのがいままでのプッシュラッチ

全部ものを出して。。。


ひっくり返して、扉の下の細い板を張り替えて、
扉つけ替え完了。




ボックス収納家具は3つ。
左の扉の中には、
ミシンなど重いもの

真ん中には、
工具や部品が入っています。



そこで、
中のものが飛び出さないように、
地震感知ラッチをつけます。


イマオ震護くんhttp://www.imaogift.jp/shingo.html



両面テープでつけられるとは、
ラクにできそうです。


商品が届いたところなので、
これからつけて、
あらためてレポートしますね。


扉をつけ替えた理由は、
ラッチが気になっていたのが大きかったから?

まだつけていないのに、
ちょっと安心です。
 
 
  つくる、繕う
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
 
カテゴリ

つくる、繕う
人とのつながり
モノとのつながり
『出して置く』『しまって置く』
残す、手放す
日常を楽しく
 
これまでの記事

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年




<< < > >> 


ページの先頭へ